FC2ブログ

ありがとうございました

読書会最終日もウネを含め8人の方が来てくださった。
最後に「教科書と参考書」だけを読み、あとはそれぞれの質問に答えた。
中には小・中・高校で教壇に立たれたという珍しい方がいて、
そういう人は私と同じで「いつまでに、何を直しておくか」がよくわかる。
自分の子育てとも相まって、全体を眺められるからわかりやすいんだ。
しかし一般のお母さんにそういう経験はほとんどなく、初めて自分の子を持ち、
全部が初体験で何をどうしていいのかもわからないのが普通だ。
そういうことを読書会を通して、私の方が学んだ。
ある不安に答えが出せるわけではない。けれどいくつかのアドバイスは出てくる。
その話から、子育てとはどういうもので、何が目標なのか、
教育で何を補助できて、やはりその目的は何なのか・・・・・・
そういうことを皆で考え、話し合っていると、
今の教育がどうなっているか、何を見失っているかがわかってくる。
「ではどうすべきか」にも、即答することはできない。
現実にそうなってしまっているし、それはすぐに変えられるものではない。
教育の本質を考え、せめて我々親の方向性を見失わないようにしたい。
子供を育て、守るのは、まず第一に我々親なのだから。
4回の読書会に卒業生も含め、たくさんの方に来ていただいた。
そこで発見できたことは、これからの私の授業に生かされるでしょう。
また来年を楽しみに、本当にありがとうございました。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

河原

Author:河原
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR