FC2ブログ

本来の学び

ひどい事故や事件が相次いでいる。
北方領土へ視察に行った国会議員は戦争発言をし、
酔っ払って「女を買いに行く」と、外出禁止を破ろうとした。
「国会議員は不逮捕特権があるんだ」と怒鳴り散らしたという。
この人確か東大出身のはずだ。
東大や京大なんて勉強したから合格するところではなく、
勉強の才能は持っていたのだろう。
ただしその才能は暗記レベルがすごかったという程度に過ぎない。
おそらく「学ぶべきこと」は何も学んでいない。
学ぶべきこととは、その教科の中の「教科じゃないもの」だ。
時間やルールを守ること、そのために自分の姿勢はどうあるべきか、
日々の過ごし方などはどうあるべきか・・・・それを道徳と言ってもいい。
「俺は東大出身だ、国会議員だ」という発言からは「威を借る」姿勢しか見えず、
そういう道徳は無駄なものとして、何も学んでこなかったのだろう。
「だから東大や京大は・・・」などとは思わないでもらいたい。
そういうやつも「いる」のは確かだが、「めったにいない」という「いる」だ。
道徳も身に付けた真に優秀で爽やかな学生の方が大半を占める。
この議員はめったにいない奴で、何もない中身をさらけ出して恥をかいた。
小学生など19人を刺して自殺した51歳の男も中卒で、
卒業後は引きこもり、学びの機会を失っている。
報道前に私はそれを直感できた。長い経験からわかるようになった。
勉強をすることで、「勉強じゃないもの」を学べないと、
こういう殺伐とした、わけのわからない事件を起こす確率が上がってしまう。
こういう事件は防ぎようもないのだが、防ぐ方法は議論すればいいだろう。
それには「教科の中の道徳」ということを皆が思い出し、
今の教育の在り方を変えることも、大きな「防止」になると思っている。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

河原

Author:河原
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR