FC2ブログ

ボン・クラージュ

「ボン・クラージュ」最近この言葉を2度見た。「ボンクラ?日本語じゃあ“アホ”の意味だぞ?」
1つは将棋ソフト日本大会優勝ソフトの名前。
ボンが「粒」で、クラが「房」という意味で、粒のようなソフトを房のようにつないだソフトのようだ。
ボンクラが優勝ねえ・・・
もう1つは10年ほど前のテレビドラマ、「王様のレストラン」の主題歌。
「ボン クラージュ (勇気)」という曲だ。名前は知らなかったけれど、この曲は大好き。
フランス語っぽいけど?調べてみたら「がんばって」の意味らしい。
へえ~、フランスじゃあ「がんばれ、がんばれ」は「ボンクラ、ボンクラ~」になるのか。

昨日の午後は予想通り中1から高3までの生徒でごったかえした。座る場所がない。
3時半頃にアヤカがトップでやって来て、すぐにリノとモモカが、
いつものように「暑い~!」と言いながら入ってくる。
「え?なんで、なんで?それどういう意味?」モモカがリノに訊く。
「太陽の周りを、こうやって回ってるし、そやから・・・・」
理科の試験勉強だろうか?モモカはそのまま9時半を過ぎても勉強していた。
ソウイチロウ・ユウマ・コウジのトリオが二階の教室を独占する。
前回はおやつの袋やペットボトルまでゴミ箱に捨ててあったので、
「バカ者!ゴミは持って帰れ!」と怒鳴っておく。もうゴミは出ない。
・・・『誰だ?この男の子』
見知らぬ子が黙って入って来て、トリオの部屋に入った。誰かの友達だろう。
今回は見逃してやったが、次からは追い出す。申し訳ないが塾生以外の利用は断る。
教室を自由に使っていいのは、塾生・卒業生・その親など、関係者に限る。
ユウイチやケイジまでやって来て、中1がずいぶん多い。
そろそろ座るとこもない。マリアは二階の真ん中の部屋へ駆け込んだ。
授業前の高1も続々やって来て、なんとか「隙間」に座り込む。
高2のミオは英語の部屋へ入って行った。

高1のミヤビ・クニカズ・ゲンキが「府立高模試」のデータを持ってきた。
入学式直後に受けたもので、まだ高校生としてのデータではないが・・・
1万2千人ほどの1年生の中で、クニカズは「ど真ん中」。ふむ、こんなもんだろう。
数学「だけ」はいいが、国語・英語は見る影もない。
「これは頭脳の問題ではなく、やる気の問題だな、クニカズ。
 この1年で語学の基礎を固めないと、もうお前の語学は伸びない。
 お前に“その気”がなくては、助けられる教師など、どこにもいないぜ」
クニカズは中学時代に私にひっぱたかれているが、今は真剣に言葉を受け止めているようだ。
同じようなデータなのが京教のサチエ。
数学はトップクラスなのに、「英会話教室10年」の英語はボトムだ。
読書会でもテーマにあげるが、「英会話教室」の実態は調べたほうがいいね。
何年も通っているのに、文法はでたらめ、英語を知らない・話せない・・・って、何?
「質の悪い無料のゲーム」と同じ感覚でやってんじゃないの?と思えてしまう。
ミヤビは3教科のバランスが良く、クニカズの4千人前にいる。すごいね。
ゲンキは・・・24位・・・3年生康太の22位に次ぐ順位・・・・・
びっくりしているのが、高校から来ているトモト。
「な、なんなんだ、こいつら・・・・」そんな顔をしている。
中学時代に行った塾とは全く違うからだろう。
がつがつやらせるわけではない、テストはない、教え込むわけでもない、
それでいて皆がきちんと学ぼうとしている・・・・
ま、ね。そういう教室なんだ。
今日から木中のテスト。私の授業はないけれど、今日も生徒で一杯になるのだろう。
私は心の中で声をかけるばかり・・・・ボン・クラージュ!

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

河原

Author:河原
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR