FC2ブログ

公立中学の英断

本の表紙
黄檗中でも定期試験の在り方を変えるそうなのだが、
東京の公立中学ではいち早くやっていたようだ。あの林先生が校長と対談していた。
その中学では細かな単元テストはするが、中間・期末テストは廃止した。
普段の宿題も廃止したようだ。「宿題に意味はない」と言う。
するとその形態は、私が30数年やり続けていることに極めて近い。
中学の宿題は単純作業が多い。
それだと「勉強する」というより「作業をこなす」だけになって意味がない。
定期テストは本来の意味は「復習し、勉強する」だが、
いつしか教師が「成績をつけるため」のものとなり、それも無意味になったという。
「何のための教育ですか?子供が自分で探れるようにし、大人にするんでしょう?」
ものすごくうれしい!よく公立中学で英断できたものだと思う。
そういう「教育の本来の目的」は教師なら誰でも知っていることだが、
「進学結果」だけを求められるようになり、教師は手足を縛られ、
生徒に触ることも、意見することもできなくなっているのが現状だ。
その改革は平教師にはできず、校長にしかできないが、
たぶん校長も保身のあまり行動できなくなっていたのだろう。
この校長は勇気と行動力を持っていたと思う。
私のような在野の教師ならできるが、公立中学でやれたのがすごい。
でも「何のための教育だ!」は、本当なんだよねえ。
それに正解などないのだが、少なくとも「塾化」した今の公教育はおかしい。
全部が私やその校長のようにならなくてもいいが、もう少し増えた方がいい。
しかし一人でもいてくれたことが、今はうれしい。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

河原

Author:河原
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR