FC2ブログ

文系・理系

ようやく明日菟道高校の入学式だが、入学後すぐに文系理系の選択をする。
無理ですよ・・・生徒にはそのこと自体がわかってないもの。
将来就きたい職業によって決める?それで決まりそうだけど、そうでもない。
そもそも高1に将来の職業なんて想像もできないし、仮に「建築」と言っても、
理系ばかりで家を建てるわけでもなく、「大工さん」って文系?理系?
せいぜい数Ⅲと物理を取るか取らないかで決めるしかないけど、勘違いしない方がいい。
「数学をやりたくないから、暗記しかできないから」というのは、文系でも理系でもない。
そういうイメ~ジを持っている人が多いけれど、
どちらも目の前の構造を知り、理解できないと何もできないんですよ。
ところが今では理系でも公式・単語暗記だと思われてるね。
そういうのは中学までで十分なんですよ。高校以上は理解へ向かわないとね。
だって大学でも社会でも「理解できる、理解しようとする人」を求めてるもの。
「答えを暗記するだけの人」って言うのはテレビのクイズ番組にはいいだろうけど、
大学や社会ではやれる仕事が限定されますよ。
文系で読む本の内容が自然科学だったらどうするの?読むのやめる?
学びってそういうもんじゃないと思いますけどね。
今年の卒業生は全員文系だったけど数学はガンガンやらせたし、
新高3は文系・理系が半々だけど、入り混じって数学にも取り組んでいる。
全部理解できるに越したことはないけれど、あまり理解できなくてもいい。
自分には難しいことでも、どう取り組むかの練習をし、
学びのフォームを身につけられればそれで十分だし、
大学でも社会でもやれる仕事はいっぱい出てきますよ。
今日は京都教育大学の入学式。
青空で満開の桜のもと、真新しいスーツ姿のジュンが、
あこがれていた大学の門の前で記念写真を撮っているだろう。
問題なく大学では、やる仕事がたくさんあることだろう。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

河原

Author:河原
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR