FC2ブログ

基礎は面倒くさいもの

この時期の高校生は全学年で数学の基礎ばかりをやっている。
因数分解一つを取ってみても、その数式の形から何通りかのさわり方がある。
それを観察、考察して、どれにするかを決定する。
そういうことは中学数学には基本的になかった。一つを覚えればよかった。
けれど高校からは考察・決定することが数学になる。
私もかつてそうだったが、そういう作業は高校生には面倒なだけだね。
「一つ覚えたら、全部できるようにならないのかね?」
そう思うものだが、そうはいかないんだよねえ、これが。
数式のとらえ方、整理の方法、数字自体の性質・・・
これそのものは大学入試には出ないものだから、塾でもほとんどやらない。
けれどよく考えれば、その性質を知らないで、どんな作業も行き詰りますよ。
だからビデオで懇切丁寧に、詳しく解説する?
昔はそれが本だったけど、詳しく書くほど生徒には読めなくなりますよ。
だから参考書が売れなくなって消えていったんだもの。ビデオも同じだ。
ax+by+c=0が直線の一般形だけど、Cがないとどう?
Cが0だと書かないから「Cは0なんだなあ」って考えるのが普通だけど、
生徒の中にはそれが何の式かもわからなくなるやつもいる。
直前までやっていた公式も使えなくなる。数字もすぐに写し間違える。
ミクにとりあえずゲンコツをくらわせてから、解説という説教をした。
「おどれ、アホンだらあ~、これは0やろがあ~」
それでもまだわからんから、一つ前のCが0でないものをもう一度やらせて、
「それと何が違うんじゃ、ぼけえ~」とやると、ようやく納得して解き始めた。
そういう判断ミスって教師には想像もできず、逆に、感動すら覚えますよ。
「へえ~、この子にはこう見えてるんだ・・・」なんて。
そういうことはどの生徒にもたくさんあって、一つ一つを修正していくのは
果てしなく時間がかかり、教師からするとうんざりするだけなんだけど、
皆が勘違いしてない?それが教師の仕事であり、教育なんですよ。
うまく、詳しく解説してどんどん進んでいくなんて現場にはないし、
幻想であって、教育の姿でもない。
だいたいががやねえ~、うちの生徒は全員が、私の説明が一番詳しいことを知ってますよ。
「他のどの教師とも全然違う」って言うもの。
それでもこんなに勘違いやミスが多いんですよ。
右フックや回し蹴りも使って一つ一つに対処していく。
詳しい解説ではなく、そういう作業の結果として、うちの生徒は突出してくるんだ。
そりゃあ簡単に、優しくがいいけれど、ものによっては本質がそうじゃないものもある。
教育などその典型の一つだ。世の中ももう少し、それを思い出したほうがいい。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

河原

Author:河原
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR