FC2ブログ

思考を変える①

卒業生を送り出すと同時に、在校生を鍛えることが始まっている。
新中1のカナミとケンシロウは子供らしい子供でとても面白い。
小・中学の内は与えられた知識を覚える段階だ。覚えるだけでもいい。
その中で整えていくのは姿勢だ。
休まないこと、遅刻しないこと、しっかりと話を聞くこと・・・
そういうことを整えないと教育は始まらないと、私は思うがどうか?
新中2や中3はそのあたりがずいぶん整ってきた。さて、そこからは・・・
中学までは「与えられた文献を覚える」だが、
高校・大学・社会では「その文献の内容を考える」へと変化する。
文献自体はさほど変わらなくても、とらえ方が全く違う。
大学や社会が望む人材は「暗記できる人」ではなく「考えられる人」だ。
大人なら誰でも知っているそのことが、なぜ中・高校生に伝わらないのだろうか?
なぜ教育現場で、その質の違いを修正できないのだろうか?
中学まではよくできたのに、高校からできなくなる子は多いが、
そのほとんどが取り組み方を変えられない子達だ。
私自身の襟を正す意味でも、そのことを書き出し、考えてみよう。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

河原

Author:河原
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR