FC2ブログ

府立高校前哨戦

今日は府立高校前期試験。
学区内の高校へ行こうとするコウスケとカホにとっては前哨戦だ。
取ってくれる数が少ないのだから、ダメなら普通に中期で合格すればいい。
ただし学区外の高校へ行こうとするタケルにとっては、
そこは前期しか受けられないから本番となる。
私は昔から「近くの府立へ行けばいい」と思っているが、今は少し違う。
高校自体はどこも同じで、どこもが「進学実績」を狙う塾と同じようになってしまい、
心ある教師ほど「それは違うだろ?」と思っているが、体制なのでどうしようもない。
違いは・・・進学指定校ほど、本当の意味で賢い子が何人かは集まることだ。
そういう子らは自分が賢いなどとは思っておらず、ひたすら学ぼうとしており、
洞察・考察力が深い。
もっとわかりやすいのが大学で、そりゃあ京大にもなぜだかバカもいるが、
だから「勉強ばかりしてもバカだ」などと言われるが、それはほんの一部で、
大半は爽やかで賢い子らばかりだ。
タケルにも、まだ未完成だとはいえその素養はあるから、
無理せず行けるのであればそういう高校へ行き、そういう子らと出会わせてやりたい。
そういう子らと過ごせば、学びも深まりやすいだろう。
ま、基本的には合格するだろうから、あまり心配はしていない。
今日が試験ということは、中2にとってもピタリと1年後だ。
そう言って問題をやらせると、オウタやユキの顔がずいぶん大人っぽく見え、
ミスをすると悔しがった・・・今までなかったことだ。
2年前にやってきたころはどちらも思考力が弱く、ミスも気にできなかったが、
かなりその本質を考えられるようになり、これなら上を見て勉強していけそうだ。
私でもなかなかうまくできないが、願いはそうさせることだ。
形だけで、表面的なことだけやらせても、本当の学力は育ちにくい。
だから私のやり方は時間がかかるのだが、私としては
一番の近道を進んでいるつもりではいる。さあ、進んでいくぞ。
塾生ではないが土曜卓球に来ていたフウがバレンタインチョコを持ってきてくれた。
近所の大学に通うことになったらしく、それなら土曜はコーチとして
いつでもきて楽しんでくれと言うと、とても喜んでくれた。
カンナやジュンもそうなる予定で、こちらもとっても楽しみだ。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

河原

Author:河原
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR