FC2ブログ

何が問われるのか

中3を府立前期試験に送り出した。
昨日は過去問を二つ、時間を測ってやらせただけ。
高3の連中は少しリズムを整える程度で、基本的には放ったらかしだ。
学校でも塾でも個別対応で「傾向と対策」に必死になっているが、
普段やったことのない面接対応の練習ならまだしも、
問題をこちらからいくらやらせても、それはほとんど何の足しにもならない。
まともな入試問題なら、そこで問われているのは「傾向と対策」ではないからだ。
そこで問われるのは「どのように教科をとらえてきたのか」と、
「どのように日々を過ごしてきたのか」だ。
そういうことが問われるし、そういうことでしか問題は解けない。
「まともな入試問題」では、直前に覚えただけのものなど通用もしない。
だから私は普段から私生活にも口を出し、ガミガミと注意する。
プライバシーだ、何だというのはまるで無視。うるさく姿勢を正す。
「合格実績」というのなら、うちの教室は「異常」と言えるが、
それはそういう姿勢が評価されたことの証明だと思っている。
「姿勢」など、目に見えにくく、面倒くさいもので、すぐに役立ちそうな
「傾向と対策・ノウハウ」に飛びつくのだろうが、
ほとんどその中身は「食物繊維がレタスの30倍」に過ぎない。
本にまで書いたけれど、特に世間に知らせようとは思っていない。
なんだか面倒くさくなってしまった。
それがわかる人や生徒とだけ、これからも歩んでいこうとだけ思っている。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

河原

Author:河原
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR