FC2ブログ

サービス過剰

「トヨタは車屋でなくなると聞いている」
そんなCMを見かけるが、車の性能は行きつくとこまで行ってしまって、
もうイメージを売るしかなくなったとは、ずいぶん前から聞いている。
良くも悪くも情報があふれかえって、我々は何を見ればいいのかわからなくなっている。
教育もとっくにイメージ化になっていて、素早く、簡単に成績を上げて、
高校や大学の「入学」という「資格」を得ればいいものになった。
けれど・・・現実はどうだ?
「いい大学」を出たはずの新人が「全く使いものにならない」
なんて話はちまたに、これまたあふれかえっている。
数学の公式を知っている、英単語をいくつか覚えたなんて、
それ自体は社会で通用しないことは誰でも知っているのに、なんでそうなるんだろう?
教育の中身、その意味がわからなくなったからだろうね。
高校までの教育に「あがり」などないし、なにかが完成もしない。
あくまで「基本フォーム」を身に付けるだけだ。
基本フォームってなんだ?
よくわからないものを、どうやれば少しはわかるようになるのか、
そのために1日の過ごし方はどうすればいいのか、
自分はこの勉強にどれだけ時間をかけないといけないのか・・・
そういうことを学ぶことが基本フォームだ。
しかし・・・そういうことがわかる生徒も大人も、ずいぶん減ったかね?
フリースペースには毎日、授業もないのに黙々と勉強する生徒がいる。
それを見ればすぐに教育の意味なんか・・・・それでもわからないか?
何しろ過剰サービスの時代だから、そういう姿って「ダサイ」のかな?
けれどそれを「ダサイ」と思う生徒の数年後がどうなるのか、
生徒本人はわからなくても、大人はわかるんですよ。
そうはならないようにうちの教室は中身のない過剰サービスなど一切せず、
本物だけを提供するだけだ。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

河原

Author:河原
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR