FC2ブログ

送り出す

高3のセンター対策が終了し、この土・日が試験。
来週月曜には自己採点し、志望校を決定する。
大学や学部によってもセンターと2次の採点比率は違うが、
ジュンたち教育系はセンター比率が圧倒的に高く、
カンナの経済系ではセンターと2次が半々の比率になっている。
これはセンターで「失敗」すると「志望校を下げる」または「受けられない」
ということになるので、最初の試験でもあり、生徒は2次よりも緊張する。
それまで「びびる」という感覚すら知らなかったような奴がびびるし、
康太でも吐き気がして座薬を入れて出て行ったものだ。
そういうことを知っているからカンナ達も普段から厳しく鍛えてきた。
卓球でも近畿大会レベルなので練習が大変だが、妥協は許さなかった。
そうでないとそのプレッシャーに押しつぶされることを、生徒は知らないのだから。
ギリギリまでやれることはやらせ、もうこれ以上はできなかったところまでやらせるのに、
送り出すときの気持ちは・・・懺悔、後悔、申し訳なさ、自己嫌悪などしかない。
もう少しあれを・・・これも・・・こういう問題にもっと時間を割いてやれれば・・・
そういう想いだけが渦巻いて、どこかへ逃げ出したくなる。
生徒が受ける以上のプレッシャーに、先に教師は押しつぶされてしまう。
代わりに受けてやることはできないし、してやれることもなく、
これからさらに伸びることもないし、できることは体調管理だけだ。
早く寝て朝型にしておきたいが、誰でも経験するように、
緊張でなかなか寝付けるものではない。
そういうものだから「布団に入って目をつむり、じっとしているだけでいい」
そうアドバイスする。
そんなアドバイスしかしてやれない・・・そこでもまた自己嫌悪の気持ちが・・・
何十年やってきてもそんな様子は変わらない。
うつろになりそうな気持をかろうじて支えながら、祈るばかり。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

河原

Author:河原
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR