FC2ブログ

充実の今が一番幸せ

学生時代の康太は物理学に専念し修行を繰り返していた。
その立場は社会人となった今も何も変わらないが、研究の幅が広がっている。
物理学だけでなく、化学者も同時に研究する。部材のモニターを見ながら、
「この配列をこうしたいのですが、どういう化学反応になるのか、
 どう確認するのか、よくわかりません」
「ははあ、どうなるかはわからないけど、化学で実験はできますよ。
 それはやれるけど、こういう時の強度なんてどうやるの?」
「あ、それならすぐに僕らで実験できます」
そういう複合的に進めることは学生時代にはほとんどなく、
康太にとっては楽しくて仕方がない。
真子の留学の講義は基本英語で行われるのだが、それは初級の場合で、
上級ハングルはさすがに韓国語で講義されるようだ。
今の韓国語に漢字はなくなってしまったが、特に学者は漢字も知っている。
漢字は表意文字で、見ればその意味がわかりやすい。
真子は独学しているときから漢字変換をよくやっており、
それができない欧米の学生より圧倒的にアドバンテージを握っていて、
上級の講義の方がわかりやすく、これも楽しくて仕方ない。
二人ともどこまでも楽しいのは、そういう学びのフォームを身に付けているからだ。
まあ、進んだ大学も大学だが、いくらいい大学に進もうとも、
学びのフォームが身についていなければ、その楽しみは少ないだろう。
「楽して、いい収入の仕事をするために大学に入ったんだ」
そういう「ニート」たちがテレビ番組に出ていたが、それは最初から
ボタンの掛け違いをしているように思える。
掛け違えをせずに真子も康太も充実した日々を送る今が、一番幸せの時。
どの子にもそうさせたくて、最初のボタンのかけ方を、今日も授業しよう。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

河原

Author:河原
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR