FC2ブログ

受け入れ準備も

年内の平常授業も今日と明日で終わり。
特に中1と高2のクラスは1月から次の学年の内容に入る。
中1の3人は「学び方」をずいぶん学んだように見える。
この方向で行けばかなりの高さまで登っていけるだろう。
高2は数Ⅲが始まる。
大学工学部の準備みたいな教科だが、きちんとまとめていきたい。
在校生のそういう動きとともに、新入生の受け入れ準備も始めよう。
受け入れる学年はすべて新学年の、小6・中1・中2・高1・高2。
その5学年だけが受け入れられる。
「へ?何で中3・高3の受け入れがないんだ?」
そうなんですよね、塾と言えば昔から
「3年の夏休みになったから、そろそろ塾へ行って・・・」
なんて思われてますよね。けどそれって本当には、あまり意味はないんですよ。
ほとんどの場合、受かる子はいかなくても受かるし、
受からない子はどんなに大金を積んでいかせても受かりません。
その時に「学びのフォーム」ができているかどうかだけが問われます。
受け入れる側の高校や大学がどう考えるか、考えてみればわかる。
「うちへ来て伸びるかどうか」だけが問題で、暗記量の多少の差なんて関係ない。
伸びるかどうか・・は、学びのフォームを持っているかどうかだけのことです。
うちの卒業生の半数が国立大へ進みましたが、私には大学側が
「この子まだバカだけどな・・見どころはあるんだよな・・よし、取っとこう」
そうやって拾ってもらったとしか考えられない。学びのフォームのおかげです。
私はそのフォームを子供たちの中に育てようとしているのであり、
合格への最短距離を行こうとすることなど何もしていない。
そういうことは目指してもおらず苦手なので、受験年度は受け入れない。
それがしたければ塾などいくらでもあるし。うちでなくてもいいでしょう。
だから!小6は勘違いしないでくださいね。受験勉強は何もしませんから。
今いる5人も、中学は地元の公立中学へ進みますからね。
そういう教育でよければ、1月から募集を開始します、よろしく♪

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

河原

Author:河原
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR