FC2ブログ

同じなんだけどね

高1は数Ⅱへ入り、複素数論を激しく展開している。
分数式の扱い、不等式の証明、2次方程式・・・ややこしいねえ。
アヤは数Ⅰはよくわかってたけど、数Ⅱからよくわからなくなったらしい。
へ?数Ⅰはわかってたけど?けれどねえ・・・・
実数論から複素数論と呼び方は変わったけど、これ、同じことをやってるんだよ。
実数論では「解なし」と言ってたのを「虚数解」と呼ぶだけ。
グラフの位置関係、場合分けなどは数Ⅰと同じことを繰り返しているだけ。
まあね、相加平均・相乗平均とか、解と係数の関係とか、
そりゃあもう少し奥の方ものぞいてはいるけどね。
数Ⅰの2次関数や三角比ではまだ、形を覚えたり公式の使い方であって
覚えたものをそのまま使うから、アヤはわかったと錯覚してたんだな。
数Ⅱでは「概念」そのものを理解しないといけないから、整理できなくなってるんだ。
けれどこれアヤだけでなく、誰にとってもややこしいとこなんだね。
「暗記」から「理解」への転換期。
ややこしいからこそ先の単元へ進んでも、常にこの「数論」へ戻って、
そのことばかりを検証、復習するようになる。そうやって理解を進めていく。
理解を深めていくことは数学だけじゃなく、どの学問でも同じことで、
暗記が勉強と思い込んでる生徒は皆脱落していく。
そういう子は学問をしないんだもの、学問がわからなくなるのは仕方ない。
絵をかくことだけをやっていて、サッカーがうまくなる?それと同じだ。
今日の授業あたりがややこしさのピークかな?でももう大丈夫だ。
まとめに入って全体を眺められるようになると、部分的なことがわかってくる。
一つ一つをやっていたからつながりがわからなくて理解しにくかったんだよね。
さあ、今日から理解へ向けてまとめの作業に入ろう。
なに、すぐに全部わかるようになるだろう。
学びとはどうしようもなく、そういうものなんだ。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: おめでとうございます

> 本、出版されたのですね!
> また、年末帰ったら話聞かせてください!

アマゾンで買えるから、話はそのあとだ。
プロフィール

河原

Author:河原
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR