FC2ブログ

概念に迫る

本の表紙
例えば言葉というのは「こういうことを示す」という概念を持っている。
それを具体的な言葉にしようとすると、色々な言い方ができる。
だからその概念がわかっていれば、自在に応用が利く。
語学が得意な人はすぐに何ヵ国語も話すが、概念に迫るのが得意なんだろう。
それは数学でも同じことが言える。高校生にもなればそちらがより重要になる。
それを「一つの意味、一つの公式」と暗記でやっていると、
表現を変えられただけでその意味がわからなくなってしまう。
言い回しを変えただけの単語としての公式を丸暗記しようとしても、
意味のつながらないものをそれほど覚えられるものではないし、
「数学は難しい」とすぐに投げ出してしまう。
数学って概念を整理する教科だから、本当にはわかりやすく、簡単なんだけどね。
「お前たちは概念に迫ろうとしていない!」
高校生に雷を落としてやると、反省したのか、深く受け止めたようだ。
この本にはそういうことを書いています。まだまだ、ぜひ買って、読んでみてください。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

河原

Author:河原
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR