FC2ブログ

正面を向かせる

私の数学の宿題は確認の意味だけで数は少なく、すぐにできるはずだ。
だから雰囲気に慣れただけでまだ中身のわからない中2あたりは要注意。
まるでノートすら見てこなかったり、やっても5分ほどで形だけ真似て、
さも全部やったかのように1問だけ黒板に発表したりする。
黒板にやらせて全部見えるのはいいことだ。そんなことはすぐばれる。
「お前はアホのままでいいのか?!」
頑張っても点数が取れないのは、私の中ではアホではない。
頑張り方を学ばず、その場をすり抜けることしか考えない奴がアホだ。
稀にそういうアホでも点数を取り、一流と言われる大学へ行き
イケメンコンテストにまで出て、「うちの大学以外は下界の住人」などとほざき、
調子に乗って女性に抱き着いて留置場へぶち込まれる。
そこまで恥と醜態をさらせば我々下界の人間も留飲を下げられるが、
そこまでアホになるのも、もともとのボタンの掛け違いが原因の一つだ。
学びとは自分への問いかけだ。
できないことを、どうすればできるようになるのかを取り組む姿勢のことだ。
結果できるようになれば何よりだが、ついにできなくても、それは問題ではない。
自分の人生を形作ってくれるものは、どれほど点が取れたかではなく、
学びの姿勢をどれほど形作り、どれほどそれを維持できるかだけだ。
中学生や高校生にはそのことを情け容赦なく叩き込む。
にっこり笑って優しく・・・などという余裕はない。
今やらせている基礎的な作業など、大人になってまたやれる作業ではない。
大人には大人の、他の作業が出てくるからだ。
時間はすぐに過ぎてしまう。今しかできないことを、今やらせておく。
正面から向き合うとはどういうことかを、その心と身体に染み込ませようとしている。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

河原

Author:河原
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR