FC2ブログ

ビデオにゃできない

中2の授業は合同に入った。
三角形には3つの辺と3つの角、合計6つの要素がある。
2つの三角形が同じものだというのに、6つ全部を調べないといけないのだろうか?
そういう説明から入り、3つの「合同条件」を導入する。
「3辺が等しい」 「2辺とその間の角が等しい」 「1辺とその両端角が等しい」
もちろんすべて図を描かせ、その条件をマーキングさせる。
このクラスはそれだけではいけない、実践的な基本例題もノートに取らせる。
さすがにもう、大丈夫かな?例題とほとんど同じ問題を黒板でやらせてみる。
いくつもの三角形があり、二つは3辺が3・5・6.5㎝となっている。
2辺が4・5㎝で、間の角が68度の物も二つある。
皆それが合同であると抜き出すのだが、では、その合同条件は?
3㎝・5㎝・6.5㎝なのに「2辺夾角」??
2辺とその間の角なのに「1辺両端角」??
そういうのが3人もいる。ここまでくると、逆に楽しくなる。皆を席に戻す。
「なあ、焼き肉を食いに行くと、トングで肉を挟まないか?
 2辺がトングのハサミだし、肉はその間にあるだろう?それが2辺夾角だ。
 ここに棒がある。お前、“棒の端を持て”と言われたらどこを持つ?
 端ってここのことだろう?両端って、こことここのことだろう?」
日本語や図が一度には伝わらない子が、いつの時代にもいるもんだ。
これは2時間全部、例題をノートに取らせても同じことだ。頭が回らない。
ノートを取らせ、問題をやらせ、ぶん殴ってもう一度説明する。
それを繰り返すうちに3人も、ようやく理解ができる。
さらに馴染ませてやらないといけないが、それは来週以降だ。
中学生を教えるって、こういうもんですよ。
こういうことがビデオでできるんなら、やってみろってんだ。
30年以上こういうことばかりをやっているのに、
「最初からオール5の子ばかりが行っている」なんて言われてんだ。
いったいどこの塾のことを言ってるんだろうね。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

河原

Author:河原
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR