FC2ブログ

子供なんか好きでもない

「子供が好きで、英語がお好きなあなた、どうぞ」 女性がドアの中へ入ると、
「あ!先生だ」 子供たちがうれしそうに迎えてくれる。
ふ~ん・・・で、その後は?その後どうなった?
ひょっとしたら30分後には怒声と悲鳴が聞こえているかもしれないし、
せいぜい半年もすればその女性、子供も英語も大嫌いになっているね。
遊ぶなら好きだけでいいけど、仕事だとそうはいかないもの。
そういうCMって、教師は知識だけを伝えるものだといっているように思える。
「この単語の意味はこうですよ、この数学はこの公式を使って・・・」
そこの「文章全体」も、「数式の意味」も存在しない。
それが教育なら、それほど簡単なことはない。
工場で野菜か何かをパック詰め作業するのと同じだもの。
それだと人の手もいらず、機械が全部やってるね。
教育もそういうものだし、機械でできると思っている人が多いからだろう。
だからボタンを押すと自分の名前が書かれた問題プリントが出てきて、
もう一度ボタンを押すと解答が出てくる「プリント学習」があるし、
画面で教師が詳しく解説する「ビデオ学習」なんかも大人気みたいだ。
好きな時間にできて時間の制約はないし、絶対に怒鳴られることもない。
今のニーズに合っているんだろう。それなら機械的にできそうだ。
で?それをやる生徒の態度はどうなの?
何度かミスして、偶然答えの数字だけあってたなんて、しょっちゅうありますよ。
一流大学の、その中でもトップクラスに優秀な学生ならそういう教育もありうるけど、
子供って、まだ、一流でもトップでもないんですよ。
姿勢・態度・目線などなど、基本フォームを同時に創ってやらなくてはならない。
そういうものは知識には関係ない?そう思ってるからその子はアホのままなんだ。
フォームを創ってやらないと、タイムは速くはならないんですよ。
そのフォーム創りこそが子供の教育の課題であって、
今の教育やスポーツは、子供がすでに出来上がったものと前提している。
だからドアを開けると、すべての子供がうれしそうに笑うんだ。
現実には・・・全然笑ってなどいないのにね。それを知っているのは教師のみ。
やはり今の教育は、大きなものを忘れている。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

河原

Author:河原
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR