FC2ブログ

3歩進んで2歩下がる

30年ほど前の中学1年生は、7ー3 と ー3+7が同じことだとわからなかった。
それはもう、図や絵にしたり、トランプを使ったり、ありとあらゆることを使って
3ヶ月ほども説明し練習させるのだが、ついにわからないままだ。
何がどうわからないのか、その理由もわからないまま、仕方ないので次の文字式に進んだ。
しばらくすると、そういう計算はいつの間にかできるようになっていた。
一般には数学って一歩一歩階段を登るように理解を積み上げないとと思われているが、
まったくそうではないことは、現場の数学教師なら誰でも知っているはずだ。
X座標の3から7までの距離が4であるということがわからない子は今でもいる。
それをどう説明しますか?何がわからないのかがわからないでしょ?
小5から高3まで、私が日々格闘しているのはそういうことですよ。
その場で何とか理解する子は・・・8割ほどですかねえ。
1割から2割ほどの子はわからないままになる。
それを半年繰り返してもわからないままだということは、経験で知っている。
それは総合的な理解力がまだ弱いからだ。
全体的に成長しないと、そこにだけ薬を塗っても直らないことが多い。
だから後ろ髪を引かれる想いでも、先に進んで、色々なことの経験を積ませる。
毎週毎週は「全然変わらんな、こいつ」と思うのだが、半年、1年経つと
「あれ?こいつ、こんなこともわかるようになってる」ということが多い。
ただそれは何もしなくてもそうなるのではなく、「おんどりゃあ~、われえ~~」
ということの繰り返しの結果、何とかそうなるということだ。
気分よく勉強できればそれが一番だが、それも勉強なら、ぶん殴って鍛えるのも勉強だ。
たぶん・・・どちらもいるんだ。
もちろん私は、その両方を使っている。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

河原

Author:河原
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR