FC2ブログ

安堵と焦りは同時に

中3・高3にはかなり複雑な問題もやらせている。その様子を見ていて、
『こんなに難しいことでも考えるようになったんだなあ~』 と、感慨深げに見ていることもある。
ほんの2年前にはろくに文章が読めずに、書いてある意味がわからないし、
数式を見ても足していいのやら、かけていいのやら・・・
正解のないジグソーパズルを一つ一つ組み上げるように、
褒めたりけなしたり、おだてては怒鳴りつけたり、試行錯誤を繰り返しながら育ててきた。
人はすぐに「素晴らしい一言で」「優秀なプリントで」とすがりつくように言うが、
そんなものはないし、それで育つものでもない。時間はかかる。
中3の模試データが返ってきた。
満足げに、誇らしくその成長を見ていたのが、いっぺんに現実に引き戻される。
うちの生徒は伝統的に、初めての模試はメタメタにやられることが多い。
テストを一切やらない塾だから「模試慣れ」していないからだ。
その割には、一回目としては・・・そんなに悪くはない。意外だ。
すでに目標高校はC判定以上になっている。なかなかいいのだが、言うことは違う。
「けっ、Cかよ、ボーダーじゃん。落ちるかもしれないぜ」
ここから修正させ、慣れてゆき、点数も伸ばしていかなくてはならない。
多少きついことだけど、人生にそういうことは常に出てくる。
そういうことをやらなくてはならない年齢になったんだ。
さあ、点取りの練習もしよう。それができるだけの地力はついているのだから。
合格させる自信はある。けれど不安や焦りもたくさんある。
子供を育てるって、そういうもんだということは、とっくに知ってはいるけれど。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

河原

Author:河原
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR