FC2ブログ

予習時に考えること

最近は昔ほど予習に時間がかからなくなった。
そりゃあ昔は生徒が問題を解くのにどれくらいの時間がかかるのかもわからなかったし、
どう説明するとどう反応するのか、どういう誤解をするのかもわからなかった。
時計を見ながら自分ですべての問題を解き、「生徒は倍の時間がかかるとすれば・・・」
なんてやっていたものね。
ほとんど自己満足だけれど、「毎年新たな創造だ」と頑なに思っていて、
その歳のノートは必ず捨てて翌年に見ることはなかったから、
毎年例題探しにも何時間もかかっていた。なかなかないんですよ、いい例題って。
それが10年ほど前からいい問題はノートに書き溜めるようになって、残すようにした。
もうすべての例題を使いきれないほどたまったが、
その年の生徒を見て使うものを選ぶようにしたら、ずいぶんと時間の節約になった。
2年分のノートを残すようにすると見返すことができるから、
「去年はこういう授業をしてたんだ」とわかるし、それの良い・悪いがわかる。
日にちも書いているから進度の速い・遅いもわかる。
2年間の自分と対話しながら今日の授業を創れるから、すごく楽になった。
問題選びの時間をかけなくて済む分、それぞれの生徒の「持って行き方」
を考えるのに多くの時間を割けるようになる。
「この子はこの辺を誉めて、あの子はこの辺りをおだてて、 あいつは1~2発張り倒して・・・」
まあ、ありとあらゆることを考える余裕ができる。
さあ、今日は中1・中2の授業。それぞれのプランは、もうできている。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

河原

Author:河原
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR