FC2ブログ

半端ない

サッカーは好きでもないけれど、さすがに少しは見ましたよ。
前半と中盤、、そして終盤を数分ずつ。
香川のペナルティーキックで先制していたのは驚いたし、追いつかれると
「やっぱ、負けるな」と思ったし、勝って終わっていたのはさらにびっくり。
中南米国にアジアが勝ったのは初めてなんだって?ファンじゃなくてもうれしい。
そしてめちゃくちゃ面白いのは「大迫、半端ない」だ。
高校の試合で大迫選手のチームに敗れた選手が泣きながらぼやいたんだね。
「大迫、半端ないって。後ろ向きでもトラップするしなあ」
その顔と雰囲気は、確かに誰が見ても面白い。
「そんなんできるんやったら、言うといてや!」
試合前にバラすはずもないのに、よほどあきれたんだね。
敗戦チームの監督さんも今朝の番組のインタビューで
「後ろを向いてのトラップは難しくて普通はできないのにするし、
 ドリブルされたら速くて追いつけないし、確かに半端なかった」
卓球でもそうだけど、後の日本代表になる選手って、そのころから突出してるんだ。
ちょっとうまいとか強いじゃなくて「ありえない・・・」というすごさだ。
泣きながら大きな口でぼやいていた選手も、そういう想いだったろう。
そういう選手ばかりが集まって日本代表メンバーとなり、
さらにその中でも選ばれて国際試合に出る。
それはもう、我々凡人では想像もできないレベルで競技をする。
あこがれるのはいいけれど、下手に「自分もそこへ」なんて考えない方がいい。
明らかに才能の問題だし、才能が桁外れで努力じゃあどうにもならない。
市の大会レベルなら努力が通用するけど、その質が変わるんだね。
指導者はそこをよくわきまえて、どのレベルでやらせるのか考えなくてはならない。
むやみに何でも「全日本クラスの練習を」は、やめた方が身のためだ。
彼らは間違いなく「半端ない」のだから。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

河原

Author:河原
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR