FC2ブログ

ややこしい

昔のパソコンはデータを入力するだけですぐに使えたと思ったけど、
今のパソコンって複雑なんだねえ。入力前に「環境整備」しなくてはならないらしい。
それがすんでから壊れたパソコンのハードディスクを取り出し、データを移す。
移してからの処理も「ごちゃごちゃ」とやっている。
・・・ダメだ・・・絶対に私には無理だ・・・
義妹とその旦那「リョウちゃん」がやってくれるのだが、さっぱりわからない。
とりあえずの「復旧」は出来たが、ホームページの「文字化け」は直せなかったし、
「座敷童子」のアップを忘れたし、「アドレス帳」はどこへ行ったんだ?
我が家で一番パソコンに詳しいのは眞子だから、明日にでも「調整」させよう。

義妹夫婦の一人娘「カナコ・小学校4年生」も来ていた。
算数の宿題をやっておくように言われていたが、1問だけ解けないらしい。
「お母さん、これ、分からへんねん・・・」
「ヒロシさん、に聞いて。お母さん、勉強のことは分からへん」
分からへん・・・って、あんた「京大教授」ではなかったっけ?
教授が説明できない問題って、どんなだ?
パソコンは「さっぱり」だが、算数なら分かるぞ。
それは「504÷9」だった。
「5は9で割れへんし、商は0。次の0も割れへんし、4も割れへんし、
 答えが全部ゼロになるねん・・・」
な・・・なるほど!こういう子は大好きだあ!!
「カナコ、余りを忘れてるな。5は9で割れないから余りは5。
 次の0を下して50÷9の商は5で・・・」
「あ!分かったあ~♪」

義妹に限らず、小・中・高校の教師や塾講師も、このような「ウルトラ基礎」は説明しない。
「しない」というより「説明できない」と言ったほうがいい。
「なぜそれがわからない」のか、「それがわからない」からだ。
けれど・・・「数学のつまづき」は、まさに「そこ」にあるんだけどねえ・・・
府立高校の「スーパーⅡ類」には「スーパーな生徒」が集まる。
特に「1年生の間」は、びっくりするくらいの得点を取り、
「これは・・・ゆうに100人は京大へ行きそうだな」と思える。
それが・・・3年経つと「10人ほど」になってしまう。
最近分かってきたが「その原因」は・・・やはり「数学」だ。
「ウルトラ基礎」の部分を説明してもらっていない。
教師もまた「それは、当たり前だろ?」と思っているからだ。
当たり前じゃあないんだよねえ・・・まさに「そこ」が原因なんだ。
「ウルトラ基礎」にこそ「数学を扱う総べ」の宝庫だ。
そこを触らないと、生徒は、結局数学を触れなくなってしまう。
私は昔からそこにこだわったから、数学で壊れにくく、ひいては国立大学へも大量に入って行った。
はあ~~、私には簡単なことに思えるのだけど・・・
親も、学校も塾も、「ウルトラ基礎」がどれほどややこしく、
どれほど大切かを、きちんと認識してくれればねえ。
ちょっと言ってやるだけで、子供の数学は壊れませんよ。
・・・私の「パソコンは、さっぱり・・・」と、同じなのかねえ・・・?

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

河原

Author:河原
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR