え?難しい?

ジュンを車で送ってきた母さんがウッドデッキにいた私に近づいてきた。
「下流志向、買いましたよ。1円じゃなかったけど」
300円だか、500円だかしたらしい。え?なくなってる?
後で調べてみたら、ちゃんとある。
ただ、500円ほどの本の下の小さなボタンを押さないとダメだから、
ジュンの携帯では気づかなかったんだ。
けど、ま、それだと送料込みだから、1円の本ともあまり変わらないけどね。
「ジュンと二人で読んでるけど、難しいね」 「え?何が?」 「言葉が難しい、内容も」
う~ん、確かに内田さんの本は英語やフランス語なんかの横文字もよく出てくるし、
ほとんど見かけなくなった昔の難しい漢字もよく出てくるけど、
下流志向にはそんなに出てこないけどね。
内容も難しい?う~ん、これは新鮮かもしれない。教育の話だから現場にいる私だと
「かあ~~よくわかる!うひょう~そ、その通りだあ~~」
なんて、腹の底からわかる話ばかりだけど、家庭の主婦にはわかりにくいのかも。
なるほど・・・ま、毎年そうだけど、今年も私の解説がいるな。
「それは、ジュンのこういうことじゃないか、それが大問題なんだよ」
そういう話をすれば納得してもらえるだろう。
今年は第一章の「学びからの逃走」を読むので精いっぱいだろうね。
3回しか読めないし、2時間のうち1時間は私の解説と生徒の近況報告だから。
学びとはどういうことで、その方向のためにどこを、何を鍛えないといけないのか。
もう・・・世間は全部忘れてしまい、何もわからなくなっている。
聞けば・・・当たり前のことばかりなんだけどね。
皆で走っていて自分が遅れてきたら、少し頑張らないといけないんじゃない?
皆が40分で走る距離を自分は1時間かかるのなら、1時間走るしかない。
それを「何か、頑張らなくても、走らなくてもいい方法はないのか?」
そういうことばかり言ったり、やったりするのが教育だと思われている。
走らないのだから、走力も、学力も低下するのは当たり前だわね。
下流志向を読みながら、私が日々感じていることを解説させてもらいますよ。
新聞も取らなくて、読まなくなっているこの頃。携帯メールだけではだめですよ。
読んで、考えることってどういうことか、皆で考え、感じ、楽しみましょう。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

河原

Author:河原
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR