FC2ブログ

息吹を感じる季節

先週の金曜日、サチエとメイミが真新しい制服で現れた。
その日が京教高校の入学式だったようだ。
黒く見えるほどの濃紺の上下。何の飾りもない制服。
どこかうれしそうで、恥ずかしそうで・・・いいねえ~・・・
これだけ「地味な制服」だと「没個性だ」などといわれることもあるけど、そうかな?
逆に「中身の人間性・個性」しか出てこないから、余計に個性が際立って良いと思うけどね。

火曜日には新中1のミサヤとモモカが学校から直接やってきた。
やはり、ちょっとうれしそうで、恥ずかしそうで・・・
先週まで私服で来ていたときには「まだ小学生」だったが、しっかりと中学生に見える。

昨日親父が骨になるのを見送ってから教室に戻ると、すでにたくさんの高校生が来ていた。
『誰だ、あの二人は?菟道高校の制服だけど?」
後ろからではまったくわからなかったけれど、マスミとミツハだった。
ブルーの上着とスカート、皺などなく、ピッカピカの制服!
いやあ~、初々しいねえ・・・すっかり「お姉さん」だよ~~!
ズボンの折り目が「ピン」と立った男の子も良いけれど、やっぱり女の子の方が良いねえ。
おやあ?リョウヘイも制服だけど・・・全然さえないねえ。足が短すぎる!
一時期「派手な制服」が目立ったけれど、最近は見かけないね。
京教も菟道も一色で、柄はなく、きわめてシンプル。
東宇治高校の「チェックのスカート」が派手に見えるほどだ。
そのシンプルさがかえって木々の若葉を思わせて、初々しい息吹を感じさせる。
山の若葉の、なんて美しく、躍動感を感じさせることだろう。
「これから大きくなるんだ。成長するんだ」
湧き上がる「生命感」に、私の胸もどきどきするのだ。
「さあ、この子達と共に学ぼう、共に生きよう・・・」
予習にも授業にも、新たな力がわいてくる季節だ。

ずいぶん暖かくなった。そろそろ「ゴーヤの芽だし」の準備をしよう。
「山菜採り」の偵察も始めなければならない。
仕事も遊びもたくさん増えるけれど、なんとも楽しい季節になった。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

河原

Author:河原
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR