FC2ブログ

進学ありきではなく

私は慣れすぎてしまってさすがに鈍感になっているけれども、
高2の総合問題になると公式を知っているだけでは何もできないことを感じる。
問題の文章を読んで、まだよくわからないから図にしてみる。
図を眺めながら何を問われているのかを「読み解いて」いく。
うまく読み取れて聞かれていることがわかれば、解くこと自体はさほど難しくはない。
その作業は国語の問題に答えることと何も違わない。
公式を知っているかどうかは技術的な問題で、練習さえすれば身に着く。
たいていの高校生はそこまでが数学だと思っているが、
本当には、そこから先の読み解く作業こそが数学だ。
だから高校生の大半は数学をやってもいないといえる。
意味を考えるということをやったことがないのだから、解けるわけもない。
思えば私は30数年前から生徒と共に、読み解く作業ばかりを繰り返している。
賢さを求めるだけで、大学へ行くかどうかは、その作業中には考えていない。
卒業年度になって初めて、「では大学へ行こうか」とか、
「もう社会へ出て、実践的に鍛えてもらった方がいい」とかのアドバイスをする。
たまたま・・・これはたまたまだったのだが、大学が求めているのは、
そういう賢さを持っている生徒だ。技術を持つ生徒ではない。
記述式の問題では、そういう賢さがはっきりとわかる。
うちの生徒の多くが国立大に入れてもらえたのは、そういう要因があったからだろう。
高1や高2のクラスは、まだまだ賢さを求めた練習ばかり。
高3はかなり方向性は出来上がったので、点取りの練習もこれからはやる。
そういう意味で入試対策は、中3・高3の受験学年しかやっていない。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

河原

Author:河原
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR