末っ子ばかり

そう言えば小5クラスの5人は全員末っ子じゃなかったかな?
上にお兄ちゃんやお姉ちゃんがいて、しかも歳はかなり離れている。
そうなると親が何人もいるようなもので、ずいぶん面倒は見てもらっている。
悪気もないけれどけっこう気ままに、好き勝手したって仕方ない。
上が親に叱られているのを見てるから、要領もよくなるしね。
今の時代、末っ子でなくてもそういう子はすごく増えてるけど。
学校の宿題をやるのも速い、速い。ほとんど考えないから。
ノートには詳しく書いてあっても見直さないからね。
教科書に「タテ×ヨコ×高さ」と書いてあれば、
どれがタテか高さか気にもしないで、ある数字を掛けちゃう。
二つに分けた体積の合計なのに、24×105=129になってるし。
へ?×という記号の意味知ってる?
これは・・・無邪気に、気ままに生きてるんだろうな。
考えるとはどういうことか、見直して整理するとかがわからないんだ。
まあ、小学生ってそういうもんだから、一つ一つ根気良く教え、直していく。
小学生って習うこと自体は難しくもないから、そういう躾をしていく場だ。
しかし今は「知識の伝達の場」になってないかな?
公式的なことだけ伝えて、躾など何にも見ない。
これは我々市民の方がそうさせてるんだけどね。
躾をしようもんならすぐ「パワハラだ、セクハラだ!」なんて言われちゃうからね。
もう、生徒のどこもさわれない時代。
だから取るに足らない程度の知識はあって、わかる・学ぶということが
どういうことか知らない子がものすごく増えている。
その状態で高校・大学・社会人になっていくから、もう手が付けられないし、
新人と少し話をして絶句し、唖然とする上司の話をいっぱい聞く。
小学生に悪気はない。時代の空気の中に育っているだけだ。
だから私は躾けようとしている。時間をかけて、何度も叱ってやらないといけないだろう。
もう少しそうしてくれる人がいれば助かるんだけど、誰もいないから私がやる。
子供の成長には「何を鍛えるのか」という時期があり、質が変わっていく。
それを均質に「知識の伝搬」だけにしているから、
教育はおかしくなっているし、うまくも行かないのは当たり前だろう。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

河原

Author:河原
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR