FC2ブログ

目に青葉

前日に入学式を終えた高校1年生たちが、その後初めての授業にやってきた。
うわあ~ピカピカの制服着てる~♪まだ着慣れてなくて着られてる~~♪
まさに「山ホトトギス、目に青葉」だあ。初々しいって、まさにこのことだよね。
服が変わると一気に大人に見えたりするんだけど、
連中はずっと見ているせいか、顔も身体つきもまだ中学生だねえ。
それもまた新鮮で清々しい。
気分がリフレッシュされるけれど、中学や高校の現場教師は浮かれてはいない。
「最初になめられたらおしまい」 そんな気持ちで初授業に向かう。
経験で知ってるんだよね、最初になめられると1年間授業にならないって。
当然だけど高校の授業内容は、どの教科もグンとレベルが上がる。
生徒もそういう心構えで向かってほしいのだけど、今どき・・・そうじゃない。
「もう、勉強は終わった」みたいな雰囲気で浮かれているからね。
それは恐ろしいことですよ。いっぺんにどの教科も、まるでわからなくなる。
いや・・・今どきはそもそも、わかろうともしてないか・・・・
「テスト前に、10のうち3つか4つ、丸暗記すれば通過できるんだろう」
そう思っている生徒がほとんどだから、教師はもう大変。
高校からは「構造」を求めるから、少しの丸暗記では何もできなくなる。
それは難関校に合格した子でもそうで、進学塾で丸暗記で通過した子ほど、
その高校ではすぐに「全教科赤点」も珍しくはない。
「受かればOK」の塾産業が生む悲劇だが、これももっとアナウンスすべきだよね。
うちではそうならないように、合格発表直後から授業を始めている。
数学では扱う文字の数が増えるし、式の複雑さも中学とは比較にならない。
まだ一ヶ月にもならないけれど、昨日生徒が扱っていた数式は、
中学時代には想像もしてなかったほどの式だ。
その複雑な式の中で、中学で習った基本を使えなくてはならない。
それはもう、山勘では太刀打ちできない。正確に確認できないといけない。
そりゃあややこしいから、とんでもないミスもしますよ。
2A+3Bを2倍したら、中2でも4A+6Bになるのに、4A+3Bにしたり。
式が複雑すぎて混乱しちゃうんだよね。・・・しかし、容赦しない。
「おら!おんどれ!ミク・アサト・リュウジ、おのれらこんだけアホやねんぞ!」
罵声を浴びせてボディに強烈なブロウを叩き込む。
まだ新鮮な若葉たちなのに・・・大丈夫、枯れやしないって。
初々しい生徒を見ながらのそういう作業は、教師だって辛いんですよ。
まあ、それが教師の仕事だ。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

河原

Author:河原
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR