FC2ブログ

学びの方向

やっぱり下流志向は面白いねえ。
たいていのノウハウ本は「こうやるといい」と書いてあるが、
内田さんは「こうやってダメになる」と書いているから。
ま、だから下流志向なんだろうけど。
繰り返し読みながら小学生を観察していると、無邪気に遊ぶのはほほえましいけれど、
ところどころに「下流志向まっしぐらの芽」もある。
ここは少しずつ、そういう芽は摘んでおかなくてはならない。
教育に「これが正解」はないのだから、そういう芽を摘むのが最適かもね。
なんでも野放しに伸ばしてしまって、手が付けられなくなってるのが現状だから。
悪い芽を摘むことで学びの方向性を浮き上がらせる。
中2と高2のクラスは悪戦苦闘中だけど、1年前よりはずいぶんよくなった。
中3・高3のクラスは、方向性は仕上がりつつあるようだ。
方向性さえわかれば、後は自分で歩いていける。
その先にはどうしたって悪路もいばらの道もあるものだけど、歩みを止めることはない。
高校までの教育とはそれが目的であり、それだけで精一杯だ。
どこかに合格するとか、何らかの資格を取るとかは、自分でやるもんだよね。
それを全部誰かに「おんぶにだっこ」してもらおうというのが下流志向だ。
卒業生も交えてそういうことを、読書会でゆっくり考えよう。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

河原

Author:河原
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR