FC2ブログ

まるでごみ屋敷

今日は春分の日、康太の誕生日だ。
祝日が誕生日なんて、なんだか得をした気分だろう。
誕生日と就職祝いも兼ねて、昨日から母や真子と有馬温泉に行っている。
少し風邪気味な体調にはよい癒しになっているだろう。
18日には引っ越しを済ませた。6畳の1LDKに「これほどもか」というほどの荷物がある。
今はすぐにこちらへは運ばないんだね。
どこかへ運んでおいて、翌19日にこちらへ運び込まれた。
元々うちには足の踏み場は少ない。女房は片付けが苦手なのだ。
きっと「片付けられない症候群」という病気なんだと思う。
そこへ康太の荷物が運び込まれたのだから、少なかった足の踏み場はなくなった。
新聞紙や雑誌の上に座り、運び込まれた冷蔵庫を背もたれにする。
「布団を敷くスペースくらいは開けておいてくれよ」
段ボールや衣服が山積みになっているところを眺めながら言っておいた。
昨日の夜と今日の昼はコンビニ弁当。食べながら新高1初授業を考える。
高校からはどの教科も質が変わるが、どう説明すればわかってくれるだろう?
宿題に出す国語の文章を読んでいて、「これだ!」と思った。
冒頭にすぐ棒線が引いてあり「どういうことか説明せよ」だが、
もちろん文章の初めなのでさっぱり訳が分からない。
そのあと2ページの文章を読んでようやく、何となくそれがわかってくる。
これが「黄色いパンを食べた」で、質問が「食べたパンは何色?」
ならすぐに答えられるが、そうはなっていない。
全体を読み取ったうえでしかわからないし、自分の言葉で説明しなくてはならない。
それが中学までと、高校・大学との違いだ。それをわからせるのにも3年かかる。
今日も密度の濃い授業になるが、家に帰れば久しぶりに家族4人がそろう。
晩飯もうまいだろうが、足の踏み場は・・・あるのだろうか?

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

河原

Author:河原
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR