途中入学について

この教室は中3・高3の受験学年は受け入れを停止している。
その学年では新たな生徒は取っていない。
「受験のための塾だろう?受験年度に面倒を見てくれないのか?」
そういう疑問は今の風潮ではもっともなのだろうが、私は
受験で負けるつもりもないし、少なくともどこにも負けてもいないけれど、
受験に特化して面倒を見ているわけではない。
私が生徒の中に形作ろうとしているのは、学びとはどういうものか?
そのために自分はどういう準備をし、どう向き合い行動するのか。
スポーツに例えるならフォームづくりをやっている。
本来ならば大学や社会へ出ると、我々は答えのないものに向き合わなくてはならない。
そこで役に立つのは学びの基本フォームを作ろうとしたときの、
試行錯誤の経験が一番大きい。
どの方向を向くのか、何を目的に、どう動くのか。
それを決定しなくてはならないし、それをやらなくてはならない。
もちろんどれだけ知識があるかも重要ではあるが、
それは受験合格で終わるものでも、そのためのものでもない。
そのフォームを知らず、合格で終わりだと思っている生徒こそ、
林先生に「スッカスカのカッスカス」と言われるのだ。実際にそうだし。
受験に特化して合格する子もいるが、きちんと追跡調査をしてみるべきだ。
ほとんどは方向を見失い、学び続けられない子になると、私は経験で知った。
受験で負けるつもりはない。しかしそれは学びのフォームを作ったうえでの話だ。
フォームも作らないで合格させて合格自慢だのは、
バカな生徒とバカな塾でやっていればいいと私は思っている。
だからこの教室の授業時間はどこよりも長く、どこよりも手間をかけている。
手間などかけたくもないが、どうしたってかかってしまう。
子育てはそういうものだと親なら誰でも知っているはずなのに、
「受験ならうまい方法があるのだろう」と、藁にすがりたくなるのだろう。
その気持ちもわかるが、それは無意味だし、そういうものはないと言っていい。
だから私がほしいのは手間にかける時間だ。
3年生で来られてもどうしても受験が気にかかり、受験のお手伝いをさせられてしまう。
それは勘弁願いたい。どこかよそでやってもらいたい。
中3はミクやアヤを筆頭に学びとはどういうものかがわかり始めている。
高3は・・まだ未完成だとはいえ、学びのフォームの基本はなんとかできた。
スッカスカの生徒とは逆に、だからこそ進学先で目をかけてもらえ、
伸ばしてもらえる生徒が多いのだ。
「元々できる生徒だろう」などという人は、その方向性も知らず、
私や生徒達の苦労や努力も知らない。もう、勝手に言うがいい。
手間がかかるから、取らないのは3年生だけではなくなっている。
中2の夏から、高2になる4月からは取らなくなっている。
取るのは中1・高1の間だけと思ってもらってもいい。
私がやっているのは子供を大人に育てることであって、決して受験自慢ではない。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

河原

Author:河原
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR