殻を破る

高2の3人は数学の高校の成績は問題ない。カンナなど、ずっとトップクラスだ。
それで受けたセンターテストは・・・まだ2年生だから仕方ないとはいえ、
平均点も取れずボロボロになり、ショックを受けたようだ。
その状態であることを知っていたのは私だけ。
学校では二ヶ月ほど習ったことを確認するだけだから、それは100点近く取る。
けれど・・・その前の二ヶ月で習ったこととの融合ができない。
例えばグラフを書くといっても、正確な位置を求めないとダメなこともあるし、
とりあえずX軸との位置関係さえわかればいいということもある。
その判断がまだできないのだ。これをわからせるのは・・・難しい。
そういう判断力こそが数学力そのもので、わかる子はすぐにわかるのだが、
私やカンナのような多くいる凡才にはその壁がなかなか破れない。
まあ、勉強時間や問題数を増やせばいいのだが、それだけではないようだ。
その問題を読み取ることをその都度心しなくてはならない。
「あ、この公式だ」ではなく、「何を聞いてるの?」を考えないといけない。
それを考えられる高校生はずいぶん減っている。時代背景もあるんだろうね。
「なんでも素早く、形を整えて合格最低点を」の時代だから。
それを推し進めすぎると数学でも、学力でもなくなってしまう。
なんとかその壁を破らなくてはならない。
勉強も卓球も頑張ってきたからついつい甘くなりがちだったけれど、
これからは鋭さ、奥深さを追求させよう。
やっている単元は積分。昨日はエジプトからニュートンまでの歴史背景の授業。
なにほけっとしてんだよ!ここは感動するところだろ!!
それに感動することが学力であり、数学力だ。
さてこれから1年、どうしてくれようか。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

河原

Author:河原
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR