FC2ブログ

忘年会は29日に

数Ⅲもセンター数学も、高3は2次問題の過去問を解きまくっている。
文献を受け取って読み解く練習だから、何のアドバイスもせず放っておく。
私はすることがないので他の過去問を一緒に解いている。
「今の高2はこういうところを受けそうだから、赤本はあるかな?」
大本棚へ行って探してみる。
赤本はこぼれるほどにあるが、ほとんどは卒業生が置いて行ってくれたものだ。
だから普段私が知らなかった赤本もけっこうある。
それを見つけて、問題を拡大コピーして、生徒と一緒に2時間解く。
たいてい解き切ってしまえてなかなかに楽しい。
「へ~この大学はこういう問題を出すんだ」 題意がわかれば論述は難しくない。
中には場合分けがあまりに多くて、時間内では明らかに無理な問題もある。
そういう問題は大学側も完答など求めていない。どこまで書けるかを見る。
そういう問題はつまらないので「これ以上は解かなくていい」と書いておく。
2時間が過ぎると全員の解答をチェックする。
コウスケの考察・論述力は私の予想を超えて、どの大学でも解き切るだろう。
他の子も解き切れないところがあっても論述は正確で、
あとは手を速くするだけで、本番では解き切れるようになるだろう。
冬期講習でも希望者のみだが、同じ授業内容になる。
中3は細かく問題を見ないといけないから大変だが、高3は放っておける。
25日から29日までの5日間で、臨戦態勢に持って行く。
そして29日はそのまま打ち上げ・忘年会だ。
去年は酔ってげろを吐いたくせにシンヤは楽しみにしている。
真子も来るし、康太は28日が研究室の忘年会で、
ひどい二日酔いでくたばってない限り、やはりやって来る。
大学卒業組も来ないかな?
いつも通り誰が来てもいい忘年会なので、ご父兄も遠慮せず来てください。
鍋を囲んで、酒を飲み、何でも語らいましょう。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

河原

Author:河原
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR