FC2ブログ

巣立ちには寂しさも

30年ほど前から一緒に卓球をしていた古い友人から電話があった。
声を聴くだけでも3年ぶりで、名前を言われても誰だかわからなかったほどだ。
出会った頃の彼はまだ20代で、私が30才だったっけ。
もう一人のミヤと「独身三羽烏」だったのだが、同じような時期に結婚し、
同じような時期に子供ができた。全く同じに兄と妹の二人だ。
彼は今大学非常勤の講師もしていて、先日母校の高知大に行ってきたという。
講義を終えて自分がいた研究室へ行くと、一人の学生が話しかけてきた。
「京都におられたんですか?僕も京都なんです。 シュタイナー教室という塾に行ってました」
「河原さんとこか?」 「え?ご存知ですか?」
「ご存知も何も、昔からの友達やで」
なんという偶然だろう。確かに高知大3回生に、一人だけ卒業生がいる。
その卒業生がよりによって彼が過ごした研究室にいたのだ。
それで彼は私を思い出し、報告の電話をくれたのだ。
授業中の電話だったが、昔からうちでは卒業生が遊びにきたり、
このような懐かしい電話があると、ためらわず授業は中断される。
そう言えば彼の息子は大学4回生のはずだ。妹は卓球留学で埼玉にいる。
彼は会社を変わって、今は静岡にいる。
「長男もアパート暮らしで家には女房一人。家族4人が別々ですわ」
私のような自営業は動かないが、サラリーマンは単身赴任が宿命。
私も女房とは一緒にいるが、康太も真子も家にはいない。
ミヤも東京へ単身赴任で、長男は神戸、家に女房と娘だけがいる。
なんだかねえ・・・良くも悪くも、これが歳を取って子供が巣立つということか。
自分が若い頃には思いもしなかったが、一抹の寂しさは親の想いか。
せめてたまには古い仲間で集まって酒でも飲みたいが、
それは彼らが退職する数年後か。
しかし、寂しさはあっても、子供の今後の楽しみも大きい。
それを見守りながら、仲間の酒盛りも楽しみに待っていよう。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

河原

Author:河原
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR