FC2ブログ

紅葉狩り

いい時期になってきたなあ、今年はどこの紅葉を見に行こうか?
ここしばらく京都市内ばかりだったので、久しぶりに嵐山へ行こう。
真子はバイトだが、康太は阪急桂駅からすぐだ。
私と女房はJRで出かけて、嵯峨野線に乗り換える。
よく晴れているのだが、ところどころ真っ白にけぶって雨のようだ。
そのせいか見事な虹が出て、乗客全員写メを取る。
嵯峨嵐山の駅から宝筐院というお寺に向かう間も雨に会い、
ほんの10分ほどだが雨宿りをしなくてはならなかった。
寺の中には湯豆腐専門の店があり、混んではいたがすぐに入れて康太を待つ。
この時期はどこの店も予約ができない。ものすごい人の数だから。
「テイクアウトのカツサンドを買って、渡月橋で食べようか?」
というプランもあったが、康太は湯豆腐の方が、そりゃあいいだろう。
康太も到着して、皆で湯豆腐をいただく。この辺りは「モリカの豆腐」だ。
日本酒ももらって、いやあ~おいしいねえ。
野菜料理やてんぷらもあって、素材の味を堪能させてくれる。
大阪だとソースとマヨネーズで、ランチは550円。
「所詮は豆腐やんけ、ニンジンとサツマイモの天ぷらで3500円け?!」
そう言われるだろうなあ。
私も若い頃は大阪派だったけど、今では「京都の味」と納得できる。
心が安らぐ料理なんだよね。食事の後の紅葉は心に染み込んでくる。
二尊院へも行ったが紅葉は5~7分の「走りの見ごろ」。
真っ赤で見事な紅葉の中に、まだ緑の葉も残って、これはこれでとてもきれい。
康太はあちこちの仏像も見に行っていて、「時代によって顔の特徴がある」
それがわかってくるとさらに面白いらしい。
ゆっくり見させてもらってぶらぶら歩き、落柿舎あたりの御髪神社へ。
髪は伸びたが量がまだ少ない真子のために参拝する。
そのあたりから渡月橋までは人の波で、歩行者天国になっているのに歩きにくい。
ところどころに着物を着た女性も歩いているが、話しているのはアジア語。
レンタルで貸してくれる店があるんだろうね。
中国語はニュアンスでわかるが、それ以外だとさっぱりわからない。
なんだか半分くらいは東南アジアからの旅行客のようだ。
「すみません道を開けてください」と、人力車もたくさん通る。風情があっていい。
夕方に康太は母とともに阪急に乗り、康太は桂で、女房は大阪の真子に届け物。
私はJRで帰って、晩飯は一人で食べなくてはならない。
「京都の味」を食べた後には大阪派に戻って、牛丼の晩飯だった。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

河原

Author:河原
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR