FC2ブログ

国語

中2は平成22年度府立高国語の宿題を、今日持ってくる。採点準備をしなくてはならない。
昨日は新高1の15人が2009年度京大理系国語の宿題を持って来た。
・・・・少し後悔・・
今年のドラマ「座敷童子」は佳境に入り、まだ書きあがっていないし、
なぜだか数学の授業に新たなひらめきがあり、もっといい授業をしたいし、
進学した生徒の親と「万歳♪」も言いたいし、蕎麦ランチも食べに行きたいし、
親は病気になるし、家族で遊びにも行きたいし、卓球の面倒もみたいし、
ゴーヤの準備も進めないといけないし・・・時間が足りない。

とりあえず高1の解答・解説は明日渡さねばならず、簡単ではあるが答案をチェックしよう。
最初は・・・おや?新人のトモトの答案だ。
第一問はひらがなを漢字に変えるのが五つ。
「制限された『わく』の中で」ー惑・・・枠だろうが!迷惑か!
「これは『がい』して、よく言われる」-外・・・外(そと)なのか?概してだ!
・・・漢字、まるで駄目。一つだけ正解。
そこからはすべて「なぜそうなのか、わかりやすく説明せよ」と、
ことごとく「自分の意見」を書く問題ばかりだ。「正解を選べ」など一つもない。
これはとんでもなく難しいですよ。
文章を正確に読んで論旨を把握しないといけないし、さらにそれを書くって・・・
「次の五つから選べ」だと、必ず正解文が「すでに書かれている」のだから、まったく違う。
どうやら「漢字そのものの意味」すらわかっていないトモトだから、
そんなもの書けるはずなど・・・・意外に書けている・・・
ハハア・・・文章は苦にならないのかも。なるほど、こういう賢さで京教に合格したのか・・
古文の問題はまだ無理だけど、「精一杯読んだ」ことのわかる解答だな。
数学の解答でもまったく同じだが、国語でもその子の改善点や特性がよくわかる。
その子の「意外な側面」がよくわかって、大変だけど、楽しい。
残りの14人は今日のお昼と明日にかけて見てみるけど、意外性はあるのだろうか?
「国語は大嫌い!」と言うメイミだが、たぶんトモトと同じような特性を持っているはず。
サチエやマスミはよく読めていそうだなあ。
リョウ・リョウヘイ・クニカズ・・・さ、採点するのが、恐い・・・

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

河原

Author:河原
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR