FC2ブログ

バンコク事情

バンコク市内の道路はよく混んでいるが、大きな交差点しか信号はない。
普段は機械的に信号が変わるが、週末の混雑時は手動となり、
15分も赤信号のままだった。
日本だと警察に抗議の電話が殺到するだろうが、タイではじっと待つだけ。
三叉路や歩道には基本的に信号はなく、走る車をよく見て
道路に侵入したり、渡ったりしなくれはならない。
デパートやショッピングモールは日本よりうんと大きい。
食料・衣服・雑貨・喫茶店・レストランなど、あらゆる店がごった返している。
「350バーツを今だけ300バーツ」と書かれたカシミヤのショールを真子が見つけた。
現在1バーツは3.4円だから、1000円ほどだ。物価は安い。
「値切ろうか?」と真子が聞くと、イタリアで経験のある康太は
「やるなら“買う気ないぜ”からスタートしていい」というので「100バーツ」と言った。
「かんべんしてよ、250なら・・・」若い男性店員と交渉の末、150バーツになった。
バーツ紙幣は20バーツからで、10バーツはコインになる。
持ってはいたが20バーツ紙幣2枚と100バーツ紙幣だけ差し出すと、
店員はしぶしぶだが受け取った。140バーツ、500円だ。
帰りの空港で偶然同じものを見つけると、本当に値段は350バーツ。
店員は嘘は言ってなかったんだ!「日本人ってケチだなあ」と思われただろう。
セブン・イレブンでタイビール350mlは24バーツ。80円だ。
何でもとにかく安く、3日間の滞在なら安いホテルにすれば
往復の飛行機代込みで3~4万円もあれば十分か。
だから若いOLなんかでもよく行ってショッピングするようだ。
ホテルのベッドメークやゾウ使いへのチップは一人20バーツ、70円だね。
日本ではチップの習慣がないから「70円がほしいのかな?」
と康太が言ったが、とんでもない大間違い。セブン・イレブンの時給と同じだ。
バンコク市内のデパート店員の月収は15000バーツで、
地方の飲食店店員だと月収は5000バーツくらい。25日働くとすると日給は200バーツ。
セブン・イレブンで10時間働くのと同じ。
ベッドメーキングで2人部屋を10室やれば400バーツだから、
チップだけで給料をはるかに上回る。そりゃあ、ありがたいよね。
私たちが出会ったタイ市民は善良で真面目な人たちばかりだった。
ショッピングやグルメを含めた観光にはお勧めの国だと思う。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

河原

Author:河原
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR