FC2ブログ

正解のないジグソーパズル

私が子供を教育する目的は、学びの基本フォームを築き上げることに尽きる。
昔の自分を振り返ってみても痛感することだが、子供は学ぶということがよくわかっていない。
単に好みで行動するだけだ。
まあ、人はいくつになっても好みで行動するものだが、
まわりへの配慮を持ち込まなくてはならない。
何をどう、どれだけ配慮するのか・・・それを知るのが学びだろう。
それをなくして技術だけ、点数だけ、合格だけというものに、私は意味を感じない。
学びをできるだけ大きくし、自分の家庭環境、学校、能力を考えさせ、
好みも踏まえて進路を方向付ける。
そうさせるためにこの子の何を直し、どれを伸ばしておくべきなのか?
その作業はジグソーパズルを組み立てることにも似ている。
たいていのジグソーには仕上げの絵が描いてあり、パズルの型もついている。
私の家にあるジグソーはトトロのさつきとメイが笑っているが、
これもさほど難しくはなかった。
しかし教育のジグソーパズルは絵は描かれておらず、型取りもない。
ぴたりと合うピースすらめったにない。
「どうすればいいんだろう?」 考えるばかりで、失敗と修正の繰り返し。
どこかのいい学校へ合格すれば完成だと思いがちだが、大間違いだ。
とてもじゃないが18歳までに完成するものではない。
その作業をあきらめればついに学びがどういうものかを知らず、
好みでしか動けなくなってしまう。教師はそうさせてはならない。
精一杯子供と共に作り続け、
「たぶん・・・こういう風に作り続ければいいんだろうな。
 そうやってそこからは、お前が自分で作り続けるんだ、しっかりとな」
教育とはそういうことだし、それしかできない。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

河原

Author:河原
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR