FC2ブログ

幸せな時

志賀代表との1回戦トップは3年生のマイコ。
5月に近畿大会進出が決まったのだが、受験生でもあり、
同級生が皆引退する中でなんとか週1回の練習だけは続けてきた。
時々ありえない空振りをするなど練習不足は否めないが、
小学校の頃からカンナ達を引っ張ってきた経験がある。
巧みなラケットコントロールでストレート勝ち。
2番は1年生のアイ。相手はつぶ高ラバーのとてもいやらしい相手だが、
アイは男山二中出身で、そのラバーには慣れている。競ったがストレート勝ち。
そしてダブルスはマイコとカンナの登場。
相手もここにエースと2番手を持ってきたが、カンナの強打を止められない。
すべてストレート勝ちで、2回戦は和歌山№1。
和歌山のシングルベスト4が全員いて、エースと2番手は中学時代も知っている。
カンナは2番手には勝ったが、エースには負かされたそうだ。
けれど「あ!あの子だ!」というのは近畿大会ならではで、とてもいい。
1番はそのエースで、マイコも「ブチ切れ」のカットが持ち上がらない。
するとツッツキを多用してキレ具合を確認する。
1セットは取られたが、第2セットを奪い返し、以後激戦となった。惜しくも敗退。
2番はフウ。男山の出身で家は遠いのに毎週土曜は来てくれて、
カンナやジュンと一緒に小学生の相手なんかもしてくれる。助かっている。
頑張ったのだが相手の左腕からのドライブが強烈でカットしきれず敗退。
ダブルスは和歌山のエースカットの二人にマイコとカンナが挑んだ。
通常なら抜けるボールもさすがに返ってくる。
ミスしては「ドンマイ」で、きれいに打ち抜いては「よし!」
小学校の時はチビだった二人が成長し躍動する。その姿を見るのが至福の時だ。
ギリギリの戦いで「あと1本」の差で負かされたが、もう結果はどうでもよかった。
しっかり勉強もしなくてはならない高校において、ここまで強くなってくれた。
動き回り強打するフォームは美しく、はじける若さに感動し、泣きそうになる。
つくづく幸せを感じた。いい試合を見せてくれて、ありがとう。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

河原

Author:河原
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR