FC2ブログ

仕上げは必要

私もかつては覚えがあるが、受験年度ってとかく焦りがちになる。
「とにかく得点を」という気持ちになり、「3ヶ月で得点アップ」
みたいな問題集ばかりに手を付け、混乱するばかりになってしまう。
高校の教科って「基本なんだ」ということに、生徒の間は気が付かないんだ。
いきおい即戦力みたいな応用問題へ行きがちだけど、基本を確認する方がいい。
高3センター数学も文章の意味・数式の認識・とらえ方などの確認ばかりやってきた。
稀に「何で面倒くさいことばかりを?」と去っていく子もいるが、
ほとんどは本番で失敗している。
今年の5人も力の弱い子ばかりで、さらに「数学の文法」を確認してきたのだが、
ここへ来てはっきりと力に変わりつつあるようだ。
知識とは暗記するものと思い込み、考えるということがどういうことか
感覚としてなかったヒナやユウカが文章をきちんと読み、図にし、
条件を整理し、どこが数式にできるか考え、必要に応じて公式も使う。
そういうことができるようになってきた。それは数学だけのことだろうか?
物事を考えるとは、今書いたまさにその順ではないのか?
確かに数学を越えた「数学ではないもの」を学びつつある。
ソウタもそれが少しずつ良くなってるし、コウスケは数学で得点も稼げるだろう。
中3もずいぶんよくなってきた。
クラブで忙しいのか無理数の意味や扱いがまるでわかっておらず、
さんざんぶん殴り続けたサキやマホが、昨日は丁寧に処理できた。
ずいぶん時間はかかったけれど、数字や式にきちんと目が行くようになった。
他も子も全員この2次方程式で、ようやく「算数」から「数学」になったかのようだ。
これなら、近いうちに得点もついてくるようになるだろう。
この仕事をしていて、生徒のそういう姿が一番うれしい。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

河原

Author:河原
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR