FC2ブログ

合格のためだけでなく

中3・高3を見る私の眼は、まだ6月だがすでに険しいものとなっている。
まだ力の弱い子には、どう力をつけさせるのか?
問題の要点をまだ整理できない子には何をすべきなのだろう?
将来が見えず何をしていいかわからないから、勉強に身が入らないって?
馬鹿もん!それが見えるようにするためにもっと勉強しなくちゃならないんだ!
基礎的・公式的な「合格するための勉強」もしなくてはならないが、
それだけでは先の入学後も目が見えないだけになる。そうさせてたまるか!
まだ知らないことで大切なことは教えてやるさ。黒板で練習もさせてやろう。
よく忘れるのは仕方がないから何度も怒鳴って思い出させてもやろう。
けれど大切なことは、その中で、それを「もの」にするために、
「自分はこうやろう」というものを見つけるかどうかだ。
自分のフォームを見つけ、そのフォームを自分で鍛え上げるんだ。
それが「ものを学ぶ」ということだ!
入学のために「傾向と対策だけ覚えて」なんてくそくらえだ。
いや・・・それも今は必要なんだろうけれど、それは入学後の力にはならない。
2年前に水戸のコウヤのところへ遊びに行き、水戸藩の学校跡を見学した時、
小さな売店にあった「水戸の歴史」みたいな本をウネは手に取り、買った。
私とコウヤは「それ買うの?読む?」とあきれたが、ウネは
「いやあ、これも建築のためになるねん」
私はあきれながらも、その姿に感動した。コウヤもそうだったろう。
「あきれるほどの学びの姿勢」 それをウネは自分で身に付けた。
今迄に出会った私や、他の多くの人に影響は受けただろうが、身に付けたのは自分だ。
そういうものを中3・高3のガキどもに、どうわからせればいいんだろう?
学びとは、そんな小さな売店からも無限に広がり、それを知ることはとても楽しい。
そんなことはガキにはまだわからないけれど、そうできるような基礎力を、
フォームを、知らず知らずのうちにその体内に埋め込んでおきたい。
そういうことを考えるほどに、私は焦るばかりだ。
とても「にこやかに、さあ勉強しましょう」とほほ笑みかける余裕はない。
今日はその中3・高3の授業。
「おんどれら、さあ、これを勉強すんぞ!」 また怒鳴り散らすばかりだ。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

河原

Author:河原
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR