FC2ブログ

地獄絵図

「津波?ただの波とどう違うんだ?でかい津波ったって、ざばんと波をかぶるだけだろ?」
正直、津波のことはその程度に思っていた。私は何も知らなかっただけだ。
スマトラやチリ地震の時の津波の映像も見たさ。けれど「現実味」などなかった。
東北地方を襲った津波の映像・・・こ、これが・・津波なのか?日本のことなのか?
まるで「紙細工」を壊すかのように家を壊し、押し流してゆく。
水が引いた後には・・・何もない・・・遺体が200~300も転がっていると言う・・
本当にこれが日本で起こっているのか?町がなくなるなんて・・・
道路も鉄道も破壊され、燃え上がった火災は手もつけられず燃え続けている。
「助けてくれ」と声を上げられる町はまだいい。
その声すら上げられない町がどれほどあることか?何と無慈悲な・・地獄絵図。
神はいるのかもしれないが、少なくとも我々のことなどには無関心だ。
1万人の「消息不明」の町・・・・住民の「痛み」は想像を絶する。
これは・・・国民レベルで助け合い、「我々皆で」生き延びなければはならない。
とても個人や、町や県レベルでは生き延びることはままならないだろう。
我々が経験したことのない、未曾有の大惨事。
政府首脳や専門家達ですら「これは・・・」と、立ちすくむ思いに違いない。
しかしここは彼らにすがり、彼らすら応援しよう。
個人の「ボランティア」ごときでどうなるものではない。
専門家達だって「正解」ばかりを出すわけではないだろう。だって経験したこともないのだから。
けれど彼らに考えてもらい、我々はそれに従ったほうがいい。
映しだされる現状を見ると、「生き延びられるのか?復興など出来るのか?」と思える。
これは「対岸の火事」ではない。「我々の身に起こった」ことだ。
我々全員で生き延びなくてはならない。
2日間映像を見続けて、切に思った。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

河原

Author:河原
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR