FC2ブログ

犬なのにクマあ!

六地蔵から快速に乗って奈良へ向かう。
新田までは高校時代に通ったが、それより先はほとんど行ったことがない。
書類でも読もうかと持ち込んだが、いつものように風景に見とれてしまう。
30分ほどで奈良に到着。意外に駅は小さいんだね。
まわりに立っているビルは京都よりも巨大な感じだけど。
近くに鹿のいる若草山があるはずだが、まったくわからなかった。
大和路線に乗り換えて王寺駅までは15分。初めてこの駅に降り立った。
ずいぶん線路の多い駅で、外はバスのロータリーになっていて、
かなりにぎわう街中へ行くのにずいぶん歩く。
奈良なのになぜか横浜というカレーハウスで昼ごはん。かなりうまい。
歩いて2分の「やわらぎ会館」に着いたのは12時ちょうど。
4階のイベントホールへ行くと受付が始まった。奈良演劇祭が始まるのだ。
チケットは大人1000円なのだが60歳以上は無料で入れた。
数百ほども席はあるが、観客は30人ほど。ちょっと寂しい。
12時半から2歳から中学生までの女の子10数名のCLAPCLAPFANTASYが
「天岩戸」をミュージカルで演じる。皆とてもかわいい。中学生はもうアイドル並だね。
歌も上手でとても楽しめた。
そして1時、いよいよタイチの一人芝居が始まる。
・・・ったく、2年前あれほど大根だった奴が、どんな芝居をするのかね?
若い女優の米谷侑美琳さんと共演だという。タイチは顔にピエロのようなメークをしている。
ま、さえない顔だから「塗りたくる」のもいいのかもしれない。
二人が客に背中を見せて、芝居の打ち合わせをする様子から始まり、
舞台が暗くなると、倒れたタイチにライトが当たり、
「ウウウ・・・ウウウ」と起き上がりかけ、息絶えた。・・・なんだろう?
米谷さんの朗読が始まる。「クマと名付けた子犬は生後3ヶ月で我が家にやってきた」
そうか、昔タイチの家族になった犬の生涯を演じるんだ。
散歩に出ると紐をぐいぐい引っ張り、手が離れてどっかへ駆けて行ってしまう。
家ではじゃれて顔をなめまわされる。びっくりしたのはタイチの演技力だ。
本当にそこに犬がいるように見える。
パントマイムの腕が向上していて、たんすの引き出しも見える。
セリフも、まあ、一人芝居のせいかもしれないがごく自然だ。
主に散歩の足取りでクマの成長と老いまでを見事に演じる。
最後の散歩はクマがうまく歩けない。
頭をなでなで、おしりを軽く押して歩くが、「もう、帰ろか?」観客の涙を誘う。
家族に見守られて逝ってしまうシーンが冒頭のシーンだが、客は号泣していた。
途中は笑わせ、最後は涙を誘う。
タイチは普段演劇のワークショップなどの活動もしているが、いや・・・腕を上げたねえ。
帰り際に受付を見たら「カンパ」の箱があった。
無料で見せてもらったのが申し訳なくなって、1000円入れて帰った。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

河原

Author:河原
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR