FC2ブログ

フォームづくり

高校は試験の最中だが、終わった中学生はやってくる。
初めて中学のテストを受けた中1の連中はどうだったかな?
カズキ・フミは「ダントツ」だろうな。マヒロ・アキ・ユキもかなりいいはず。
コウスケ・オウタは平均くらいかな?ひどく失敗してないといいけど。
けれどこの子たちはまだまだ「教育フォーム」を作る段階だ。
話を聞く。同時に考えながらメモを取る。いくつか解いてみる。
その先のことなど子供たちにはわからない。だから大人が先を見てやらなくてはならない。
先とは・・・受験もあるけど、それは小さなことで、さらにその後のことだ。
学校を終えた後この子たちはどのように生きていくのか。人生を歩けるのか?
現実として学校は「卒業」させるので精いっぱいだし、塾は「入学」させて終わり。
まあ、それで責任は果たせているのだろうけれど、誰も「その後」を考えない。
「その後のことは家庭で考えてください」で、悪いわけではないし。
しかし高校や大学の入学後に考えることをやめてしまう子が多すぎる。
塾や親だけでなく子供自身も「責任は果たした、あとは好きに」と思っているかのようだ。
でもそれは終わりではなく、まだ人生を歩きだしたともいえない基礎の段階ですよ。
歩き出してもいないのに座り込むのはおかしいと思う。
まだ人生を好きに生きられるわけでもないのに好きに生きられると勘違いするから、
そりゃあ息苦しくなってわけのわからない犯罪を起こしたりもする。
私は教育を「入学だけ」と単純化することも、きれいごとで済ますこともしたくない。
「お前なんかまだまだだ、この問題でも解いておけ!」
それで学びのフォームを作ってやりたいと思う。
中2・中3はまだ途中だが、かなり創り上げてきた。
高校になるともう少し精度を上げたフォームづくりになるので、
まるで違うことをやるように見えるが、基本は同じだ。
質の違いに1年生はびっくりしている段階だが、高2は腰が据わり始め、
高3はフォームの最終チェックに来ている。
読書会ではそういうことを共に考え、1年ほどで形にまとめられないかと思っている。
先週1回休んだ中学生は、そういう授業の再開だ。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

河原

Author:河原
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR