FC2ブログ

試合会場は楽し

土曜の多球練習は私にとってすごくきついものだった。
強いボールに目を慣れさせようと、私はスマッシュの打ちっぱなし。
2時間それを続けるとどうなるかというと、肩・背中・腰はずきずきし、
腕が上がらなくなるし、足もふらついてくる。全身の筋肉が悲鳴を上げる。
日曜の朝は歩くのも辛くてどうしようかと思ったが、府立体育館へ行く。
高校の団体戦ランキング戦とダブルスのインターハイ予選がある。
会場へ行くと菟道だけでなく、様々な高校へ行った選手がにこやかに挨拶してくれる。
皆小学生のころから知っている選手ばかりで、ものすごく幸せな気分になる。
それはいいのだけど、知らないお父さんやお爺ちゃんからも話しかけられる。
どうせ信じてもらえないが、私は人見知りが強く、気が小さい男だ。
会場では誰とも目を合わせないし、隅っこの方で小さくなって試合を見るだけだ。
そりゃあ・・・試合が白熱すると誰よりも大声で応援することはあるけど・・・
「えっと・・・失礼ですがどなたでしたっけ?あ!○○のお父さん?
 これは失礼しました、○○は今日も強いですね♪」
それにしてもほとんど話したこともないのに、どうして私のことがわかるんだろう?
隣にいたカンナパパがフフンと笑う。「河原さんかなり目立つし、有名ですよ」
え!?そうなの?!目立たないようにしてるつもりなんだけどなあ。
団体戦は2回だけやった。1回戦は西城陽高校。
ここには中学まで一緒だったマヤがいるが、「実は骨折しかけなんです」
と試合前に耳打ちしてくれた。最後の予選なので医者の制止を振り切ってきたらしい。
ダブルスには出てシングルは5番に名前だけ書いた。
回って来たら棄権するつもりだったが、2番でジュンが強さを見せ、
ダブルスもマイコとカンナが相手ではどうにもならなかった。
2回戦は強豪華頂女子。ここは勝敗にかかわらず5番までやった。
今度の2番はフウが出て善戦したが、0-5で全員吹っ飛ばされた。
あとはダブルス予選。リーグを1位抜けだと2次予選へ進めるが、
2位だと決定戦がある。
団体戦では守ってばかりだったマイコ・カンナペアには「あれではだめやろ」と苦言。
リーグの3試合では積極的に攻撃して見事1位通過。
あとの4ペアのうち3ペアが2位で決定戦に回ったが、そこで私は帰ってきた。
夜8時ころ家に帰ってきたカンナが「3ペア全部勝ち抜けました」と報告してくれた。
5ペア中4ペアが2次予選へ行くのは快挙で、監督さんも大喜びだったとか。
私もそれを聞いて土曜の疲れはすっかり消えていった。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

河原

Author:河原
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR