FC2ブログ

長い1日

朝8時前、いつものように教室に来て掃除。
9時過ぎにシュウヘイとマミが「座敷童子」しにやって来た。
予習を終えた11時半頃、弟の嫁がやって来て、父の余命がないことを告げられる。
3年前に発覚した癌の末期らしい。
延命治療をしなければ1~2週間の命で、父は延命を望んでいないと言う。
もう84歳。治療の施しようもないのだろう。
「お顔を見るなら、今のうちに・・・」
訳あって、父とは何十年も絶縁している。向こうは勘当したつもりだろう。
いまさら顔を見たって、話すこともない。
しかし・・・なぜだか・・自分でその意味もわからず、心は揺れた。
「死んでから会えば十分だけど・・・まあ、考えておくわ・・・」

12時に京大の合格発表。
マミは同じ学校から受けた生徒の「受験番号リスト」を持っており、すぐに全員の合否がわかった。
「俺は自分の目で見に行く」と言っていて、その場にいないケンタだけが合格。
目の前にいる2人は落とされた。「すまん・・・」ため息しか出なかった。
シュウヘイとマミも合格させたかった。タイチとユキは合格させなければいけなかった。
みんなこんなに頑張っていたのに、もうこれ以上は出来なかったのに、
よく点数も取れたのに・・・・これはもう私の指導が甘かったとしか言えない。
『すまんなあ・・・悪いなあ・・・』
もう、どこかへ逃げ出したかった。
逃げられもしない。新中1の2回目の授業は「ゲーム・赤と黒」
トランプの1から5までのカード20枚を取り出し、4人に5枚ずつ配る。
ダイヤとハートの赤のカードが「プラス得点」
ダイヤの2なら「プラス2」、ハートの5なら「プラス5」だ。黒のカードが逆の「マイナス得点」
「ババ抜き」のようにカードを取り合い、最高プラス得点を競う。
キャアキャア言って遊ぶうち、自然と「正負の数の足し算」が身につく。
ミサヤやアリサがこんなに楽しそうに喋るのを初めて見た。
ユウイチもダイチも、ヒロシ・コウジ・・・皆が楽しげに笑っている。
その後の計算練習は、皆とてもよく出来た。
新中2。
「中だるみ」にも入ったのか、期末テストの「立体図形」はボロボロだった子が多い。
中3・高3の受験に気を取られ、いつの間にか指導も甘かったかもしれない。
「指数と文字式計算。いいか、集中して、いかに簡素に整理するかが数学だ!」
立体がよくわからなかったコウタがきちんと整理を進め、正解を重ねていく。
最近「お風呂気分」でのんきだったショウヘイも必死にチョークを走らせる。
「面倒くさいし、これで・・・」
「ハイ、面倒くさがりのルイ!その二つとも間違い。やり直し!
 ミヤセ、チサキもやり直し!式をきちんと整理しろ!こらあ~~!!」
受験の「とばっちり」を受けたか、いつもより厳しい。
けれどこのクラスは、集中力を上げる練習を、そろそろ始めなくてはならない。

とっても長かった1日が終わる。様々な想いが頭をよぎる。
中学生のお尻をバンバン叩き、「4面体に外接する球とは」と、大学入試問題を解き、
新小6に「この数字は9で割り切れるんだぞ」って、そういうことを同時にやっている。
確かに「在野の教師」ならではで、他にはいないのかもしれない。
私もやがては父のように朽ち果ててゆく。
しかしまだ10年ほどは、それは私には許されないのだろう。
もう少し、共に歩いてやらなくてはならない子供たちがいる。
横にいるのが私のような頼りない者でもいいのなら、もう少し歩かせてもらおう。
「血糖値、下げないとな・・」珍しく、晩酌をやめて寝てしまった。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

河原

Author:河原
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR