FC2ブログ

読み・書き・算

月曜が数Ⅲ一コマだと、精神的にも肉体的にもずいぶん楽だ。
しかし来年には再び2コマになるかもしれない。
卓球に来ている新小4の3人が、どうにも勉強の仕方がわからないらしい。
小学生なんてボランティアだし、そのくせ準備は大変だし、
「遊んでいればいいじゃん」と言いたいのだが、そうもいかない世相になっている。
小学生は読み・書き・算ができればいいのであって、塾へ行く必要はないと思うが、
どうやらそれすら学校で徹底できていないようだ。
教師はまるで「奉仕者」であり、「下僕」にされてしまっているのではないか?
個性を尊重する・優しく楽しく・すべて言葉で根気強く説明・・・
それらもすべて正しい。しかしそれ「だけ」になっているのが問題。
親も生徒も教師をなめてしまい、好きなことだけをするようになる。
文章を書かせると漢字は一つもなく、ひらがなのようだが人には読めない。
授業中に話を聞いてノートを取れば練習になるのだが、聞かないし、ノートも取らないのだろう。
足し算・引き算はかろうじてできるが、分数だとかなりあやしい。
さすがに困って医者へ連れていくと、医者は必ず病名をつけてくれる。
病気だからと諦めてしまうが、私の経験では大半が、単に躾の問題だ。
読み・書き・算は学力や病気の問題ではなく、躾の問題だと思っている。
躾は躾だからこそ、一定の厳しさをもってなされる。
しかしその厳しさを学校や教師が持てなくなってしまった。
「優しさ」だけの奉仕者にされてしまったからだ。
読み・書き・算ができない状態で中学から来られるととても大変だ。
躾は早いほうがやりやすい。
やれやれ・・・小4トリオの面倒を、来年から見ないといけないのかもしれない。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

河原

Author:河原
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR