FC2ブログ

受験は孤独

今はどの教科を受けているのだろうか?懸命に頑張ってるんだろうなあ。
今年のうちの中3は京都市から城陽市まで幅広くから来ている。
受けに行った高校も様々。
嵯峨野こすもす・桃山自然科学・南陽サイエンスリサーチ・城南菱創・菟道・工学院。
8人が6つを受けてるから、基本はバラバラだ。
中期でもう一度受けられるとこならいいけど、前期だけのところは落ちたくはない。
だから鍛えたよ、ゴリゴリと。
今年の子達はどの子も鈍な方で、突出する教科は持たない。
例えば3教科で一つ100点なら他は40点ずつで合計180点。
でもそれはできない。3教科とも60点で180点にするタイプだ。
数学は100点取らせようと3年間鍛えてきましたよ。でもできなかった。
しかしその分、5教科全部にコツコツがんばることが身についたかな。
以前の前期試験は適性とか特色などと呼ばれ、あっても3教科受験だったが、
今はほとんどで理科・社会も課するようになった。
平均的な力しか持たない子の子達にはその方が有利だ
たくさん学ぶうちに自分の特性を知り、コツコツとしかできないなら、
わがまま言わずコツコツやるしかないことを身に付けていった。
私にはそれほど時間も残されていないから、わがまま言わせる余裕はない。
今どきは勉強しなくても行ける高校も大学もある。
だから自由にしていて、勉強しなくてもいいと勘違いするガキなんざ大嫌いだ。
一緒にしゃがみこんで泣いたり笑ったりする教育現場になってしまったが、
そんな見せかけの優しさが言われるが、それは一歩も進まないことに違いはない。
それではだめだ。歩かせることを覚えさせないと。
しかも鍛えられる時期も限られている。今歩かせないと、ついに歩かなくなる。
私はいつもそういう切迫感に追われ、子供には厳格に接するようになった。
今年の子らはしっかり歩くことを覚えた。いや・・・結構速足にもなった。
結果がどうあれ将来に心配はいらないが、どうせなら負けたくはない。
自慢の息子や娘たちだ。この子らの解答をちゃんと見てくださいよ。
今日の英語で帰ってくる子には、問題を見せてもらって、
試験の様子を聞くことにしよう。大丈夫、負けないさ。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

河原

Author:河原
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR