FC2ブログ

同級生がまた一人・・・

城陽市副市長のアリカワが昨日逝った。
そんな偉い人を呼び捨てでいいのかって?いいんだ、同級生だから。
中学・高校とやはり同級生だった女子のノグチが昨日、電話で知らせてくれた。
「還暦って厄年やった?この1年で何人も逝ったよ!」
電話の向こうでノグチも泣きだしそうだった。
確かに・・・父や母の世代が逝くのと、同級生が逝くのとでは重みが違う。
アリカワは小柄だが明るく、物言いがはきはきしていて好きな男だった。
長距離走は速くて、特に上り坂はピッチ走法で抜群に速かった。
大学を出て仕事についたが、途中採用で城陽市役所に入ったようだ。
20年ほど前の同窓会では高校生のまんまのアリカワで、
ちょうど市長が問題を起こしてごたごたしていたが、
「俺はぺ~ぺ~のヒラ。上が何をしようと関係ないね」なんて、のんきだった。
去年の還暦祝い同窓会にも来ていたが、酒は飲まず、動きが遅い。
聞いてみると数年前に脳腫瘍が見つかり、治療中だった。
「頼むぜ、アリカワ。大事にしろよ、元気になろうな」
そう言っておいたが秋に再び倒れ、昨日の訃報になった。
「アリカワ君、無理して同窓会に来てたんやろね」 ノグチの声が胸に突き刺さる。
通夜は今夜7時から。同級生も集まるという。
「俺・・・その時間は行けないよ・・・」「どうして?・・・あ!塾・・・」
中3が前期試験直前の授業だ。抜けるわけにはいかないが・・・
直前だから時間を計って本番と同じように過去問を解かせる授業予定だ。
それなら細かく見なくてもいいし・・・真子が春休みで帰っている。
真子に試験監督と採点をやらせよう。
生徒には申し訳ないが、ここは同級生最後の顔を見てこよう。
落ち込んでいる私より、元気な真子のほうがいいかもしれない。
嵯峨野の先輩だから、ウエカナは受験の心得も聞けるだろう。
そういうわけで今日の授業はすぐにバトンタッチする。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

河原

Author:河原
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR