FC2ブログ

卒業式

今日1日は府立高校の卒業式。親も子もなぜだか感無量になってしまう。
そんな中でも昨日の夜、「後期の勉強もしないと」と、
イツロウ・トモヒサ・ケンタ・シュウヘイが教室にやって来た。
なに、勉強など出来やしない。前期試験の「燃え残り」が、まだくすぶっている。
試験を終えた土曜日、ケンタやシュウヘイは「ラウンド・ワン」へ行き、徹夜で30時間遊んだと言う。
意識の外で頭も身体のまだ極度に興奮しており、じっとはしていられなかったのだろう。
それほどの集中力で挑んだ試験なのに、合否はさっぱりと見当もつかない。
2人とも去年の合格最低点を数十点上回ったが、全教科易しくなったこともあり、
今年の合格ラインがどこまで上がるのか、まったく見えないからだ。
数学の採点もどうなるのかわからない。
普通国立大学の採点は「減点方式」で、ミスがあるにつれ減点していく。
例えば、途中で計算ミスがあれば5点減点し、その後ミスがなければ、
その答えが間違っていても減点はない。しかし今年の1・2・3番は・・・・
あまりに「単純計算」過ぎて、「完全解答」を求められるかもしれない。
すなわち一か所でもミスがあれば0点にされるかもしれない。私はその可能性が大だと思う。
ケンタもシュウヘイも計算ミス(約分しなかったりなど)があるのだ。
単純計算だが扱う数字はいやらしく、すごく計算ミスしやすい問題ではあったけれど・・・
さて?どうなるのかはわからない。

高2のケンタが高3のケンタに書置きを残していた。
「いらなくなった問題集は、ください」
もちろん3年生は後輩に「すべての問題集」を残して行ってくれるとも。
「これはもういいな。これは・・・まだ後期まで勉強に使う・・・」
特に高2のケンタの、ここ数カ月の頑張りを知る高3のケンタは「アンチ康太」で、
「頑張れケンタ!康太に勝て!」とエールを送る。
ふふふ、そりゃあいいけど、気持ちだけでは今の康太は負かせないぜ。
ユウスケから聞いた。
「学校の先生が、“ひょっとしたら康太は、過去最高得点率になっているかもしれない。
 ちょっと過去のデータを調べてみる”と言ってましたよ」
ほんまかいな?びっくりするわ、もう。

「明日卒業か・・・あっという間やったなあ・・・」
4人を連れて遅い晩飯を食べに回転寿司へ向かう車の中で皆が言う。
「何で俺は、考えてもいなかった桃山を受けたんだろう?しかも、運だけで合格して・・・
 シュウヘイに誘われたんだっけ?ちがう?・・・あ!ヒロユキに誘われたんだ!」
そうやって高校へ入学したのが、まるで昨日のことのようだ。
そういう想いを胸に、皆で寿司をほうばる。・・・美味しい!
もう、高校生ではなくなるんだ・・・なぜだか泣きそうになる。
今頃は卒業式のまっ最中なのだろう。私もここで言っておこう。
みんな、卒業・・・本当におめでとう。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

河原

Author:河原
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR